日本大アメフト部の「悪質タックル」問題で関西学院大学が会見を行い、「両チームの信頼関係は決定的に損なわれている」と怒りをあらわにした。関学は日大に抗議書を送ったが、日大の回答書は「誠意あるとは言えない」とアメフト部の小野宏ディレクターは怒り心頭だ。

回答書には「指導者の指導と選手の受け止め方に乖離が起きていた」「反則容認発言と受け止められかねない監督の発言は撤回する」と書かれていた。しかし、関学は乖離があったとするなら、なぜ選手を戻さなかったのか、反則をした選手のプレースタイルがその後もなぜ変わったのかなどの説明がつかないとしている。

すべてが鈍感

「新潮社」出版部長の中瀬ゆかりは「(日大の)プレーもひどいが、対応もひどい。許せないものがあります」という。

司会の小倉智昭「かつてはスポーツ王国だった日大が、これではね。面影もなくなってしまいますね」