アメリカンフットボール試合での危険プレーについて、関西学院大はきのう17日(2018年5月)、日本大の部長や監督の直接謝罪を要求した。日大側は意図的な反則を否定し、内田正人監督も公の場で釈明していない。

スポーツライターの玉木正之氏は「ここまで悪い体質が残っているとはねえ・・・。すべてが旧陸軍の伝統からきているんですよ。いまこそ変える時です。これをチャンスにしてほしいですね」と話す。

日大はなにやってるのか?「内部調査して24日までに回答する」

日大は関係者からの確認作業をやって、関西大には24日(2018年5月)をめどに回答するとしている。

堀尾正明キャスター「ここまできたら、上の上の人たちが出て、監督もふくめて、しっかり処分しないと納得できません。監督の意にそう選手しか育てないとしたら、間違っています」

司会の国分太一「廃部の声も気になります。下級生の夢は守らないと」

テリー伊藤(タレント)「僕は日大出身だが、各大学の人たちがノンポリにならずに話し合ってほしい」