©テレビ朝日

写真拡大 (全2枚)

2005年に日本で誕生したストリートダンスバトルイベント『DANCE ALIVE(ダンスアライブ)』。

その13回目となる決勝大会が4月22日(日)に両国国技館で行われ、国内外から約2万人のダンサーがエントリーした。

©テレビ朝日

1年を通して戦ってきた予選通過者とすでに世界レベルで活躍しているシードダンサーがトーナメントで激突する同大会では、「ハウス」「ブレイク」「ヒップホップ」「ライズ」「オールスタイルズ」「キッズ」計6ジャンルの日本一を決めるべくダンスバトルが繰り広げられた。

1万2000人の観客が見守るステージで、国内外の実力者たちが真剣勝負で激突。日本のダンスシーンにおける歴史的な名バトルも飛び出した今大会の模様を、解説者にダンスボーカルグループBeat Buddy Boiで活躍するToyotakaをまねき、テレビ朝日が地上波初放送する。

◆E-girlsが大会に密着!

さらに、国内を代表するダンス&ボーカルグループ・E-girlsがこの大会に密着し、その模様をリポート。

また、当日にスペシャルショーケースとしてメインステージで披露されたPKCZ®、GENERATIONS from EXILE TRIBE、E-girls、FANTASTICS、ⓇAG POUND、J.S.B.Undergroundらのパフォーマンスも放送する。

日本のダンスシーンの魅力が凝縮されたステージは、見逃せない。