銀座蔦屋書店で「ネオ北斎」、浮世絵『富嶽三十六景』をサイケデリックにアレンジしたバッグなど

写真拡大

「ネオ北斎 バイ エンライトメント(NEO HOKUSAI by Enlightenment)」が、2018年12月31日(月)まで銀座 蔦屋書店にて開催。

「ネオ北斎 バイ エンライトメント」では、江戸時代後期の浮世絵師・葛飾北斎の作品をクリエイティブユニット「エンライトメント」が現代アートへと変身させ、北斎作品の新たな魅力を発信する。

浮世絵シリーズ『富嶽三十六景』の中から代表的な「神奈川沖浪裏」と「赤冨士」をサイケデリックにアレンジした「ネオ北斎」。波や雲の部分に、ポップなカラーの幾何学模様を組み合わせ、浮世絵独特のタッチと見事に融合させた。

また、期間中は「ネオ北斎」のオリジナルアイテムが販売される。トートバッグや扇子、さらにはスケートボードまで、日常に彩りと刺激を与えてくれそうなデザインとなっている。

【詳細】
NEO HOKUSAI by Enlightenment
開催期間:2018年12月31日(月)まで
開催場所:銀座 蔦屋書店
住所:東京都中央区銀座6丁目10-1 GINZA SIX 6F
営業時間:10:00〜22:30
アイテム例:
・北斎×エンライトメント トートバッグ(浪/富士) 各4,104円(税込)
・北斎×エンライトメント A4ファイル(浪/富士) 各432円(税込)
・北斎×エンライトメント 扇子(浪/富士) 各1,944円(税込)
・北斎×エンライトメント ボード(浪/富士) 各17,280円(税込)

【問い合わせ先】
TEL:03-3575-7755


[写真付きで読む]銀座蔦屋書店で「ネオ北斎」、浮世絵『富嶽三十六景』をサイケデリックにアレンジしたバッグなど

外部サイト

  • 特別展「琳派 ―俵屋宗達から田中一光へ―」山種美術館で、琳派の継承に迫る - 尾形光琳や鈴木其一も
  • グッチ限定写真集『Disturbia』18年プレフォールをローマで撮影、ホラー映画へのオマージュ
  • 「水辺を彩る江戸祭」お台場で、葛飾北斎がテーマのウォータープロジェクションマッピング