アメリカンフットボールの日本大対関西学院大の試合で、日大選手の悪質なタックルは「試合出場と引き換えに危険なタックルをするよう監督が指示した」と、日大アメフト関係者が証言していることが明らかになった。

元プロアメフト選手の河口正史氏も「アメフトでは、それぞれのプレーで右足を出すとか左足を出すとか、細かく決まっています。監督の指示なく、選手個人が勝手に動くことは考えにくい」と話す。

「内田正人監督は大学のナンバー2。誰も何も言えない」

日大広報部は「監督の指示はない」と否定しているが、内田正人監督は大学で人事を担当する常務理事を務めており、「実質ナンバー2。誰も何も言えない」と指摘する大学関係者もいる。

負傷した関学大の選手の父親は「日大が指導者を一新するなどの対応がなければ、告訴も検討せざるを得ない」と話している。

近藤春菜キャスター「素人が見ても明らかな違反タックルですよ。監督の指示じゃないなら、すぐベンチに下げていたのではないかと思います」

経営コンサルタントの坂口孝則は「日本大学には、国内では珍しい危機管理学部という学部があるんです。監督が責任をとらないこの初動対応が、日大の考える危機管理なのかと、皮肉に思います」

「スッキリ」はきのう内田監督を直撃したが、無言で車に乗り込み走り去った。