忽那汐里、初のNYレッドカーペットに大興奮

写真拡大

女優の忽那汐里(25歳)が5月14日、米国で開催された映画「デッドプール2」NYプレミアのレッドカーペットに登場。初めてのニューヨーク、初めてのハリウッド・メジャー作品のレッド・カーペットに笑顔を見せた。

NYタイムズスクエアにも巨大広告が設置されるなど、注目度の高さをうかがわせたこの日のプレミア。AMCロウズ・リンカーン・スクエアの前に敷かれたレッド・カーペットを取り囲むように、500人以上の熱狂的なファンが集結し、全米から集まった取材陣のフラッシュがたかれる中、忽那は淡いピンクのノースリーブドレスというファッションに身を包んで登場した。

興奮気味の忽那は「正式なアメリカで行われるレッド・カーペットもですが、実はニューヨークに来るのも初めてなんです!(会場の熱気が)すごいですね!楽しんでいます!」とニッコリ。

また、同じくレッドカーペットに登場した主人公・デッドプール役のライアン・レイノルズは、「汐里さんは素晴らしいよ! 汐里さんのことは大好きだ! ユキオ役を生き生きと、楽しく描いてくれた。今後、彼女のキャラクターがさらに活躍することを楽しみにしている。今よりももっと大きなキャラクターになると思う。楽しみだ!」と、その存在感を絶賛した。

対する忽那もライアンとの初共演を「ものすごく気さくな方です。主演、プロデューサー、脚本も務めているので皆に気を遣ってくれました。アットホームな雰囲気で途中から参加した私もチームの中に入れてくれて嬉しかったです」とコメントした。