イラスト

写真拡大

 気合いが入り過ぎて・・・。先週大井競馬場でおこなわれた「第32回東京プリンセス賞(SI)」。本命に推したプロミストリープは、まずまずのスタートを切ると、ややかかり気味に2番手の位置を取る。1周目のゴール板を過ぎたあたりで折り合いが付き、3コーナーでは早くも先頭に立つが、外から来たグラヴィオーラの手応えが抜群。直線入り口で並ばれ、プロミストリープは一杯に追っているものの相手は持ったまま。グラヴィオーラが追い出すと、あっという間に突き放されて7馬身差を付けられ2着。今回はパドックから気合いが入り過ぎており、それが前半折り合いを欠く原因となってしまったのでしょう。確かにグラヴィオーラは強いですが、ここまで差が付くほど力差があるとは思えません。この2頭は、これから良いライバル関係として、この世代を引っ張っていく存在でしょう。

 さて、今週は「第10回川崎マイラーズ(SIII)」が川崎競馬場でおこなわれます。

 本命にはオメガヴェンデッタを推します。すらっとした抜群のスタイルに、くりっとした瞳を持つ本馬は、まさにサラブレッド界の唐沢寿明です。さて、その唐沢寿明ことオメガヴェンデッタですが、中央からの移籍初戦となった前走は、まずまずのスタートから二の脚速くハナを切り、直線までスムーズな競馬で完全に勝ちパターンでしたが、リッカルドの力は一枚も二枚も上でした。直線だけで7馬身も離されましたが、オメガヴェンデッタ自身、約5か月ぶりの実戦の上、移籍初戦だったことを考えると、やはり力があるなと思わせる内容でした。今回は移籍2戦目。南関東の水にも慣れてきて、上昇度はかなりのものが見込めます。メンバー的にもここで移籍初勝利を飾る可能性は高いでしょう。

 相手筆頭にはウェイトアンドシー。浦和に移籍後3連勝中の本馬ですが、使われる毎に着差を広げており、一時期の不振が嘘のような活躍。今回はグッとメンバーが強くなりますが、今の勢いなら十分好勝負できるでしょう。

 一発なら紅一点のラインハート。

 以下、セイスコーピオン、ジャーニーマンまで。

◎(9)オメガヴェンデッタ
○(5)ウェイトアンドシー
▲(10)ラインハート
△(13)セイスコーピオン
△(4)ジャーニーマン

買い目
【馬単】4点
(9)→(4)(5)(10)(13)
【3連複1頭軸流し】6点
(9)-(4)(5)(10)(13)
【3連単フォーメーション】9点
(9)→(5)(10)(13)→(4)(5)(10)(13)

※出走表などのデータは、必ず公式発表のものと照合し確認して下さい。<プロフィール>
ハッシー
山梨県出身。学生時代大井競馬場で開催された大学対抗予想大会の優勝メンバーの一員。大学卒業後北海道へ渡る。浦河にある生産牧場を経て、在京スポーツ紙に入社。牧童経験を活かし、数々の万馬券を的中する。中にはパドックで推奨した4頭で決まり、3連単100万越えあり。