アマル・クルーニー(Amal Clooney) photo : AFLO

先週開催されたMETガラではホストとして活躍したアマル・クルーニー。今度は大学の卒業式に出席、学生たちにメッセージを送った。

先週テネシー州のヴァンダービルト大学の学位授与式で講演を行ったアマル・クルーニー。「よく言われているように、勇気とは伝染するものです」と学生たちに語りかけた。「インドや南アフリカ、アメリカで社会を変える勇気を持つ人たちはお互いに励ましあい、未来の世代のために権利を生み出しました。でもまだやらなくてはならないことがたくさんあります」。

「今ほど勇気が必要とされているときはありません。世界中の女性たちが肉体的な虐待、働く能力や財産、旅行をすることや子どもの養育権を持つことに対する制限に直面しているとき、私たちは勇気を持たなくてはなりません。あらゆる大陸でLGBTの人たちが平等な権利や、投獄や死からの自由を求めて戦っているとき、私たちは勇気を持たなくてはなりません。この30年で最も多くのジャーナリストが世界中で投獄され、アメリカにおいてもマスメディアが政権からの攻撃にさらされている今、私たちは勇気を持たなくてはなりません」。

セレブとして華やかな顔を見せることも多いけれど、この日は本業の人権弁護士として平等を実現するために必要なことを訴えたアマル。世界中で女性やLGBTを始めとするマイノリティに対する差別やヘイトが増えている中、彼女のメッセージに改めて耳を傾けたい。

text: Yoko Nagasaka