名古屋文化発祥の地「大須」を拠点に、全国へ超絶元気を発信するアイドルグループOS☆Uが5月13日、名古屋栄のライブハウス「HOLIDAY NEXT NAGOYA」にて開催されたOS☆U「Road to Zepp Live」。目標動員数の130名をグループ内ユニット「pop☆star」が158名を動員し見事達成。4月に開催されたsmile☆starに続き、すべてのチームが第一目標を突破したこととなった。

2017年12月31日のダイアモンドホールでの公演で突如発表された「Road to Zepp Live」は、名古屋のライブハウスそれぞれに設定された目標動員数をグループ内ユニット「smile☆star」「pop☆star」の両チームが達成していき、最終的にZepp NagoyaでのLIVE開催を目指すというもの。今回開催されたHOLIDAY NEXT NAGOYAでの公演はRoad to Zepp Liveシリーズ第一回目のノルマとなる。


この日の天気は朝から雨。土砂降りが続く悪天候にも関わらず、LIVE会場の前には早くから多くのファンが詰めかけた。LIVEはpop☆star7名が初挑戦するOS☆Uデビュー曲『kiss!kiss!!〜地図にない道標〜』からスタート。懐かしの楽曲『Surfing striker』から派生ユニット楽曲、そしてOS☆U代表曲である『ガンガン☆ダンス』など、新旧様々な楽曲を披露し、会場のボルテージは一気に頂点へ。約2時間の公演があっという間に過ぎてしまうようなLIVEとなった。

公演最後に発表された、目標を大きく上回る動員結果にメンバーは思わず驚き、嬉し涙を流す場面も。会場中が拍手喝采に包まれ、HOLIDAY NEXT NAGOYAのRoad to Zepp Liveは幕を閉じた。

次回の「Road to Zepp Live」の開催場所はより大きなキャパシティの地元大須「X-HALL-ZEN-」。目標動員数は150名へとステップアップ。様々な壁にぶつかりながらも、更なる高みを目指してゆくOS☆Uに今後も目が離せない。