プレゼンを行った鉄平(三浦翔平)ら/(C)AbemaTV

写真拡大

三浦翔平が主演を務め、SNSに共感の声やスカッと感、ストーリーの面白さなどの反響コメントが多数投稿され、第1話の総視聴数が100万回を突破したことも話題となった、AbemaTVオリジナル連続ドラマ「会社は学校じゃねぇんだよ」。

【写真を見る】“8秒キス”の次は熱すぎる抱擁! 三浦翔平&宇野実彩子のファンはまたも悲鳴!?/(C)AbemaTV

5月12日に放送された第4話では、大手お菓子メーカーのコンペに参加することになった鉄平。競合には因縁浅からぬビットバレー・山野(篠原篤)のチームもおり、プレゼンに勝つためには、インフルエンサーの確保が重要になる。

ビットバレーは人気雑誌編集長の軍田(ふせえり)と組み、300人以上のモデルを囲い込む。対して事務所を解雇されたモデルの華子(宇野実彩子)が集めたのは32人と、その差は歴然だった。だが、集まったインフルエンサーを前に鉄平はある秘策を思いつく。

果たして鉄平は、ビットバレー・山野にプレゼンで勝つことができるのか…という内容でオンエアされた。

そのプレゼン対決は、インフルエンサーたちを“盗撮”するという豪快な技を用いた鉄平の機転を利かせたアイデアによって見事勝利。

それを見た視聴者は「思わず一緒にガッツポーズしてしまった!」「すごいアイデアだな」「山野にだけは負けてほしくなかったからうれしすぎる!」など、鉄平に感情移入して応援する多くの声がSNSを沸かせた。

そんな中、鉄平らの会社に宇野演じる華子が入社してきたことで、鉄平・火高(早乙女太一)・華子の“三角関係”がいよいよ動きだす。

2人きりになったオフィスで早乙女と宇野の手が触れてしまうシーンでは「今まで冷静なキャラだったのに動揺した表情がたまらない!!」「鉄平と華子がうまくいってほしいと思ったけど、もはや選べなくなってきた…」など、三角関係の行方にも注目が集まった。

そして、次回5月19日(土)の第5話からは2年後の新章へ突入。仕事・恋の行方はどうなっていくのか?

■ 第5話あらすじ

2年後。鉄平の会社・サイファークリエイションは大きく成長していた。

インフルエンサー事業は業界で独走状態、新たに作った代理店事業も好調で、かなりの売上を伸ばすことにも成功。

上場、そして21世紀を代表する会社を作ることを目指す鉄平は、新規事業を立ち上げるべく社内で毎日事業プランコンテストを開催する。

鉄平は経営者として人脈を広げていく中、時価総額1200億の上場企業「DDD」の虎屋から出資話をもらう。だが、株を多く持っていかれる可能性があり、その申し出を断る。

インフルエンサー事業の部長から取締役に昇格した華子との夕食中、鉄平はある新規事業のアイデアを思いつく。

「Amazon や楽天のように大きなビジネスが展開できる」と喜ぶ一同だったが、試算した開発費用は10億近くなり、今のサイファーの資金力では無理な金額だった。

そんな時、ビットバレーの沢辺(豊原功補)から連絡があり、サイファーのインフルエンサー事業の買収を持ちかけられる。そのとき、鉄平が取った行動は…?(ザテレビジョン)