東京11R「ヴィクトリアマイル」芝1600
★GI2着3回のリスグラシューが、ついに大願を成就する★
◎16リスグラシュー
○1レッツゴードンキ
▲10アエロリット
△2ミスパンテール、9ソウルスターリング
 Q有力馬は五指に余る、その中で、
 「本命はリスグラシュー」
 Qここまで、GI2着3回(阪神JF、桜花賞、秋華賞)。
 「実力はあるが勝ち運に恵まれなかった。しかし、飛躍の4歳を迎えて別馬の如し」
 Qその真髄を見せつけたのが、
 「今年初戦の東京新聞杯。サトノアレス他、並み居る男馬を一蹴したのには驚いた」
 Q続く、阪神牝馬S(1番人気)は3着に終わっている。
 「上位2頭に有利な流れだった。展開のアヤだし着差もアタマ・クビなら悲観することはない。舞台はマイル重賞2勝を挙げている東京に替わり、勝利の女神を大きく引き寄せた」
 Q体調は?
 「ピークに近い。1週前の坂路(800)で49秒9の一番時計を叩き出しているし、前走と比較して雲泥の差」
 Qゲートに課題が残る。
 「多少の出遅れは想定内、と武豊騎手も腹を括って乗るだろうし、広い東京なら十分カバーできる。勝つ確率は90%」

東京9R「テレ玉杯」芝2000
★生まれ変わった、ルネイションが素質の違いを見せつける★
◎ルネイション
○イタリアンホワイト
▲スマートルビー
△フロムマイハート
 Q過半数以上が休養明け。その中で、
 「本命に推したルネイションの休養理由は、成長を促すため。仕上げに抜かりはない」
 Q2000辰蓮
 「2000辰凌掲呂鮠,辰討い襪掘⊃看枳詰僉5挈榁罎飽貳蕕爐吋僖錙璽▲奪廚靴秦りを見せてくれるハズ。牝馬同士だしチャンスは十分ある」

京都11R「栗東S」ダ1400
★適鞍を得たマッチレスヒーローが、起死回生の一発を決める★
◎マッチレスヒーロー
○ファッショニスタ
▲ワンミリオンス
△ブラゾンドゥリス、プレスティージオ
 Q波乱含みのハンデ戦で予断を許さない。
 「その中で、調子・距離・ハンデと三拍子揃った、マッチレスヒーローをイチ押し」
 Q7歳馬でピークが過ぎたのでは?
 「いや、老いてますます盛ん。近走を見てもジャニュアリーS2着、根岸Sはレコードの4着(0秒5差)だから、実力は健在」
 Q前走の千葉Sは12着大敗。
 「不向きの1200辰鵬辰┐董⊇价戮譴致命傷になった。度外視して良い。今回は適鞍の1400辰世掘⊆蠻なオープン特別ならチャンスは十分ある」新潟11R「赤倉特別」芝1800
★地力強化の目覚ましい、シンギュラリティが今度こそ決める★
◎シンギュラリティ
○ブリラーレ
▲チャレアーダ
△ダノンキングダム、ユウチェンジ
 Q人気を集めている4歳馬は、夏のクラス編成で降級する。モチベーションが低いのではないか?
 「厩舎事情にもよるが、シンギュラリティは勝つ気満々。千万入りしてここまで、キ着。完全にメドは立っているし、勝っても降級するわけだから美味しさ2倍」
 Q同じ4歳でも、千万の壁がある4歳馬とはそこが大きな違いか?
 「直線の長い外回り1800辰紡悗錣襪里盒調材料。とにかく、末脚は堅実で最後は確実に伸びて来る。軸馬としての信頼度は高い」