【今週の予想】

☆京都10R 錦ステークス(芝1600m)

 本格化したインビジブルレイズが連勝でOP入りを決める!久々を一叩きされた前走は、直線250m付近まで軽く促す程度で楽に抜け出し、2着に0秒2差を付ける完勝劇。それでも右にもたれる面を見せており、課題がある中でこれだけの競馬ができるのだから上のクラスでも十分通用すると見る。

◎インビジブルレイズ
○レオナルド
▲ソーグリッタリング
△₁メイショウオワラ
△₂ワンダープチュック

買い目
【馬単】5点
◎→○▲△₁△₂
○→◎
【3連複2頭軸流し】3点
◎○-▲△₁△₂
【3連単フォーメーション】12点
◎→○▲△₁→○▲△₁△₂
○→◎→▲△₁△₂

☆東京11R ヴィクトリアマイル(GI)(芝1600m)

 リスグラシューが悲願を達成する!昨年の牝馬三冠を2着、5着、2着と、常に優勝争いはするものの、もう一歩届かず悔しい思いをしてきた。一昨年の阪神JF、昨年のエリザベス女王杯を含めるとGI5戦の内、2着が3回もあり、いつGIを勝ってもおかしくないだけの力を持っている。前走はスローペースに泣いたこともあるが、着差を考えると直線伸びかかったところでソウルスターリングと接触し、一瞬脚が鈍ったことが痛かった。今回の舞台である東京のマイル戦は、アルテミスS(GIII)と東京新聞杯(GIII)の2走しているが、ともに勝利しており、最も得意の舞台といって良い。特に前々走の東京新聞杯では、サトノアレスやダノンプラチナなど並みいる牡馬を相手に狭いところを割って突き抜けており、古馬になって一段と力を付けている。追い切りの動き、馬体を見ると、デキはこれまでで一番といっても過言ではない。悲願達成の可能性は高い。相手本線はアエロリット。こちらも東京マイルは2戦1勝2着1回と得意とする舞台。特に勝ったレースはNHKマイルC。外枠だったこともあり、終始外を回りながら直線馬場の真ん中を突き抜けた内容は強いの一言。古馬初戦となった前走の中山記念では、+18kgと成長分を差し引いてもやや余裕残しの仕上がりでありながら、淀みのない流れを2番手から進み、直線しぶとく伸びて2着と確かな成長を見せており、一叩きされた今回は得意の東京マイルで躍動する。▲はアドマイヤリード。以下、ミスパンテール、ラビットラン、デアレガーロまで。

◎(16)リスグラシュー
○(10)アエロリット
▲(11)アドマイヤリード
△(2)ミスパンテール
△(3)ラビットラン
△(15)デアレガーロ
好調教馬(2)(15)(16)

買い目
【馬単】6点
(16)→(2)(3)(10)(11)(15)
(10)→(16)
【3連複2頭軸流し】4点
(10)(16)-(2)(3)(11)(15)
【3連単2頭軸マルチ】24点
(10)(16)⇔(2)(3)(11)(15)

※出走表などのデータは、必ずJRA公式発表のものと照合して下さい。<プロフィール>
ハッシー
山梨県出身。浦河にある生産牧場を経て、在京スポーツ紙への入社。牧童経験を活かし、数々の万馬券を的中する。中にはパドックで選んだ4頭で決まり3連単100万円越えもあり。予想スタイルは馬の適性、過去のレース内容、調教を重視。