ヴィクトリアマイルでGI初制覇を狙うリスグラシュー。photo by Eiichi Yamane/AFLO

 今や「荒れるGI」の代名詞ともなっているヴィクトリアマイル(5月13日/東京・芝1600)。古馬牝馬の「春の女王決定戦」ということもあって、今年もGI馬5頭を含めて豪華な顔ぶれがそろったが、絶対的な存在が見当たらず、波乱のムードが漂っている。

 過去には、3連単の配当が2000万円を超える超万馬券も飛び出している難解な一戦。気まぐれな乙女たちによる戦いゆえ、今回もひと筋縄で収まるとは思えない。オンナ心を読めない我々にとっては、馬券予想は混迷を極めるばかりだ。

 ならば、ここはスポルティーバの”伝家の宝刀”とも言える「オンナの戦いは女に聞け!」の格言(?)に従うべきだろう。昨年に続き、芸能・グラビア界で活躍する”競馬通”3人の美女予想家たちを直撃。彼女たちが牝馬の繊細な気持ちを汲み取り、緻密な分析によって導き出した、とっておきの「推奨馬」と買い目を教えてもらった。


※3人の美女予想家が推奨する馬の印は、◎=本命、○=対抗、▲=単穴、△=連穴

ノリにノッているミスパンテールで決まり!
真奈(グラビアアイドル)


まな/中学1年でグラビアデビュー。5月16日から始まる舞台『こっちにおいで、ジョセフィーヌ』(新宿村LIVE)に出演する。彼女が渾身の予想を披露する『うまみちゃんねる』は、ニコニコ生放送&Abema TV FRESH!にて放送中!

◎ミスパンテール
○ソウルスターリング
▲カワキタエンカ
△レッツゴードンキ

 去年の末に、ネットの競馬情報番組『うまみちゃんねる』に出演してから競馬に興味を持ち始めました。まだまだ初心者ですが、春の天皇賞は3連複で的中! この調子でがんばって予想してみたいと思います。

 本命はミスパンテール(牝4歳)です。現在、4連勝中とノリにノッています。しかも、GIIIターコイズS(12月16日/中山・芝1600m)、GIII京都牝馬S(2月17日/京都・芝1400m)、GII阪神牝馬S(4月7日/阪神・芝1600m)と重賞レースを3連勝しているんですよ! 完全に本格化したと思います。

 また、これまでは後ろからの競馬が多かったですが、前走は逃げ切って快勝。そんな自在性のある脚も魅力です。東京の1600mは未経験ですが、1600mのレースは5回走って3勝、2着1回と連対率は80%! もうこの馬が3着以内を外すことは考えられないです(笑)。

 対抗は、GI阪神ジュベナイルフィリーズ(阪神・芝1600m)を勝って2歳女王になり、GIオークス(東京・芝2400m)も快勝したソウルスターリング(牝4歳)。潜在能力の高さは誰もが知るところですが、オークス以来、勝てていないというのが予想を難しくしています。でも、私はそろそろやってくれるんじゃないかって、そう信じて対抗にしました。

 ▲はカワキタエンカ(牝4歳)。前々走のGIII中山牝馬S(3月10日/中山・芝1800m)で初めて重賞を制覇して、続くGIII福島牝馬S(4月21日/福島・芝1800m)では、1番人気に推されながら惜しくも2着。でも、負けたことで肩の力が抜けて、本番はもっといい走りができるような気がします。人気もなさそうなので、逆に馬券の楽しみができました。

 △はレッツゴードンキ(牝6歳)。ここのところ、1600m戦では結果を出せていませんが、もともとはGI桜花賞(阪神・芝1600m)を勝った馬です。1600mでも大丈夫だと思います。あと、名前が気に入っているので、個人的に応援しています(笑)。

【推奨馬券】印をつけた4頭の3連複ボックス馬券で勝負します!

公式ツイッターはこちら>>

リスグラシューが悲願のGI制覇を果たす!
河原まゆ(グラビアアイドル)


かわはら・まゆ/東京・歌舞伎町にある『週プレ酒場』の看板娘。この春に芸能界デビューを果たす。毎週末、ツイッター上にメインレースの予想を公開している。現役馬で好きなのはノンコノユメ。今後の活動はツイッターを要チェック!

◎リスグラシュー
○レッドアヴァンセ
▲ミスパンテール
△デンコウアンジュ
△アドマイヤリード

 実家が中山競馬場の近くにあって、小さい頃から競馬場の花火を見に行くなど、競馬は身近な存在でした。去年の有馬記念を3連単で的中させてから、改めて競馬の魅力にどっぷりと漬かり始めています。

 私の本命はリスグラシュー(牝4歳)です。前々走のGIII東京新聞杯(2月4日/東京・芝1600m)でも本命に推して、3連単をゲットをゲットしました。

 堅実性もあって、GIは5回走って2着が3回。そろそろ悲願のGI制覇をしてもいい頃ではないでしょうか。武豊ジョッキーの手綱さばきにも期待しています。

 対抗はレッドアヴァンセ(牝5歳)。先週、半弟のレッドヴェイロンがNHKマイルCで人気薄ながら3着に好走しました。今回、それほど人気にはならないと思いますが、ヴィクトリアマイルは荒れるレースなので面白い存在だと思います。

 ▲は4連勝中のミスパンテール。鞍上の横山典弘ジョッキーは、アエロリット(牝4歳)ではなく、この馬を選びました。GIでの実績は劣りますが、勢いはメンバーの中でも一番! マイルの重賞を2勝しているように、距離も1600mがベストだと思います。

 そして、デンコウアンジュ(牝5歳)が△。東京のマイルは3回走って、1着、2着、4着と、一度も掲示板を外していません。今回、あまり人気はないと思うので、馬券的にも狙いたいです。

 人気ですが、アドマイヤリード(牝5歳)も押さえておきたい馬。去年の勝ち馬だし、鞍上のミルコ・デムーロ騎手は怖いですからね。

【推奨馬券】印をつけた5頭の3連単ボックスと、本命馬の単勝&複勝で!

公式ツイッターはこちら>>

逃げるカワキタエンカが大仕事をこなす!?
藤川京子(タレント)


ふじかわ・きょうこ/1レースの最高払戻金額が388万1000円というグラビア界屈指の馬券名人。YouTubeでライブ配信している『エコエコキョウコ』では、平日は地方競馬を、土曜日は中央競馬の日曜日のメインレースを予想しているぞ!

◎リスグラシュー
○カワキタエンカ
▲アエロリット
△アドマイヤリード
△ソウルスターリング
△デンコウアンジュ
△ミスパンテール

 本命はリスグラシューです。私は予想をするときに、持ち時計の優秀な上位7頭と、上がりタイムの速い上位7頭を比較するんですが、今回のメンバーで持ち時計と上がりタイムのバランスが一番取れているのがこの馬なんです。

 長い距離もこなせますが、マイルが一番適距離なんじゃないかなって。同距離同コースの東京新聞杯も完勝していますからね。今回は相手も強くなりますが、牝馬同士なら力は上位。悲願のGI奪取に向けて、ここは不動の本命に指名します。

 対抗はカワキタエンカ。基本的に、ヴィクトリアマイルは荒れますが、それは「東京コースのマイルは差し馬・追い込み馬が有利」という心理が大きく働くのも一因だと思います。実際、先行馬の前残りで万馬券になることは少なくないですからね。

 そういう意味では、逃げて結果を残しているこの馬は積極的に狙っていきたいです。前走で2着に負けたことで、馬券的な妙味も十分。大仕事をやってくれそうな予感がしています。

 ▲はアエロリット(牝4歳)。昨春、今回と同じ舞台のGI NHKマイルCで、牡馬を相手に先行して押し切る強い競馬で勝ちました。前走のGII中山記念(2月25日/中山・芝1800m)も、歴戦の牡馬を相手にクビ差の2着と力のあるところを示しました。人気にはなると思いますが、馬券からは外せない1頭です。

 穴ではデンコウアンジュを狙います。去年のヴィクトリアマイルは11番人気で2着と大健闘! 人気以上に走ることも多いのに、なぜかあまり評価されない馬です。その分、馬券的にはおいしいんですけどね。東京のマイル戦は実績があるし、今回も人気はないと思うので、ここは絶好の狙い目だと思います。

【推奨馬券】◎のリスグラシューを1頭軸に、印の6頭に流す3連単マルチ馬券(90点)で勝負!公式ブログはこちら>>

◆ヴィクトリアマイルは万馬券セール中。「赤札の3頭」は超お買い得!>>

◆ヴィクトリアマイルは、クロフネとハーツクライ産駒でほぼ間違いなし>>