5月9日(水)放送の「正義のセ」第5話の予告で急接近した凜々子(吉高由里子)と大塚(三浦翔平)に大反響!/(C)NTV

写真拡大

5月9日(水)放送の「正義のセ」(毎週水曜夜10:00-11:00日本テレビ系)の予告が話題になっている。

【写真を見る】吉高由里子が甘えた表情でキスをおねだり…!? まさに奇跡の一枚/(C)NTV

予告では新米検事・竹村凜々子(吉高由里子)が、横浜地検港南支部の圧倒的なエース検事・大塚(三浦翔平)がなぜかブチュッと大胆キスするシーンが公開!

これまで、凜々子に厳しく当たってきた大塚となぜそんな関係になっているのか、視聴者から「何でそうなった? 展開が気になる!」「5話見ないと!」と話題に。

なぜ2人の距離が縮まったのか、そして、これからどうなってしまうのか、見逃せない!

■ 第5話あらすじ

神奈川医大で女性職員の転落死事件が発生する。単なる転落ではなく、事件性が考えられることから、凜々子(吉高由里子)は相原(安田顕)とともに事件現場へ向かう。

被害者は、臨床病理学教授・高嶋敦史(原田龍二)の助手を務める三宅香織(佐藤めぐみ)。二人が不倫関係にあったことが発覚し、さらに香織の爪の間から高嶋のDNAが検出されたことから、高嶋が殺人容疑で逮捕される。

しかし、高嶋は容疑を否認。香織の死亡推定時刻には、「取引先の医療機器メーカーの茂木(木下隆行)とスーパー銭湯にいた」というアリバイを主張し、茂木も同じ証言をする。

凜々子の捜査が難航する中、事件に関する新事実が発覚。凜々子は、支部長・梅宮(寺脇康文)から、大塚(三浦翔平)との共同捜査を命じられる。

凜々子は、高嶋のアリバイを崩し、複雑に絡み合う事件を解決に導こうと奮闘する。(ザテレビジョン)