©テレビ朝日

写真拡大 (全2枚)

番組に届いた視聴者からの「耳に入れたい話」を肴に、マツコ・デラックスと有吉弘行が独自の視点で話していくトークバラエティー『マツコ&有吉 かりそめ天国』(テレビ朝日系)。

5月9日(水)の放送では、同じクラスに好きな人がいるという女子高生からのメールについて、マツコと有吉が意見を交わす。

©テレビ朝日

なぜか家に帰ると、その好きな人の顔がうまく思い出せないという投稿者。この不思議な現象の理由を探りつつ、マツコと有吉は「昔好きだった人の顔は思い出せるか?」と考えてみる。

今でも鮮明に覚えているという有吉に対してマツコは、「全然思い出せない」とキッパリ。「あんなに好きだったのに思い出せないのは何故なのか」を考えてみるマツコだったが…。

そこからトークのテーマは、睡眠時に見る夢の話題へ。そこで有吉が、ある機械の商品化を提案する。

1億円くらいなら出してもいいという、その“夢のマシーン”とは?