河野太郎外相は7日の参院決算委員会で、外務省職員の残業時間が一部で月200時間を超えているとして、激務の軽減に取り組む考えを示した。「相当ブラックだ。省の中でできることを丁寧に洗い出したい」と述べた。共同通信が報じた。

河野氏が行政改革担当相だった当時、在外公館の最少定員を6人から4人に引き下げたことについては「4人だと休みが取れないのが現実だ。私が間違えたから、私が解消する」と強調した。

河野氏「外務省も相当ブラック」 残業時間、一部で月200時間(共同通信)