大気中の二酸化炭素の濃度が過去最悪に ハワイの観測所で測定

ざっくり言うと

  • 米ハワイの観測所にて、4月の平均CO2濃度が410.31ppmと記録された
  • 測定を始めた1958年時点では315ppmだったが、60年間で約3割増
  • 米研究者は「私たちは危険な領域に近づいている」と指摘している

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x