メーガン・マークル(Meghan Markle)、ヘンリー王子(Prince Henry) photo : Getty Images

いよいよ5月19日(土)に迫ったヘンリー王子とメーガン・マークルの結婚式。メーガンの付き添い役、メイド・オブ・オナーについて英国王室が発表した。

5月19日(土)の結婚式でヘンリー王子の付き添い役、ベストマンをウィリアム王子が務めることはすでに発表済み。次はメーガン・マークルのメイド・オブ・オナーについて発表されるはず! と注目を集めていたけれど、先週、英国王室はメイド・オブ・オナーをつけないことを明らかにした。親友で女優のプリヤンカー・チョープラーやスタイリストのジェシカ・マルルーニーらが候補として噂されていたものの、王室のスポークスパーソンは「メーガンの友達グループはとても仲がよく、メーガンは1人だけをメイド・オブ・オナーとして選びたくなかった」という。「友達はみんな結婚式の準備をするメーガンを熱心に手伝っている。みんな数日前に現地に来る予定である。彼女は友達たちの支えをとても喜んでいる」。

またメーガンと疎遠だと報じられている父トーマス・マークルの出席も正式に発表。メーガンと一緒にヴァージンロードを歩くことも明らかになった。母のドーリア・ラグランドももちろん出席。当日はメーガンにドーリアが付き添い、ウィンザー城へ車で移動するという。

そして気になるのはウエディングドレス! 先週、デザイナーの有力候補の1人として名前が挙がっているヴェラ・ウォンが「私たちのドレスではない」とコメントし、自分はデザインしていないと明言。「彼女はアメリカがイギリス、どちらかのデザイナーを選べる。彼女の新しい立場を考えると、彼女はイギリスのデザイナーを選ぶのではないかしら」とインタビューの中で語っている。

ドレスのデザイナーは式まで明らかにされないもよう。王室は「ドレスのデザイナーやヘアドレッサーなど結婚式に関わった人のインタビューは後日発表する」とコメントしている。当日を楽しみに待ちたい!

text: Yoko Nagasaka