毎週土曜にAbemaTVで放送中の「会社は学校じゃねぇんだよ」/(C)AbemaTV

写真拡大

AbemaTV開局2周年を記念して制作された、完全オリジナル連続ドラマ「会社は学校じゃねぇんだよ」の第3話が5月5日に放送され、主演の三浦翔平とAAA・宇野実彩子とのキスシーンが話題を呼んでいる。

【写真を見る】「宇野ちゃんかわいすぎる!」と話題になった三浦翔平・宇野実彩子のキスシーン/(C)AbemaTV

本作は三浦翔平演じる主人公・藤村鉄平が、渋谷のギャル男からベンチャーに入社するも、憧れの社長から裏切られ、自ら仲間たちと起業することになるというサクセスストーリー。

“夢・恋愛・金・友情”をテーマに、立ちはだかる壁や信じていた人からの裏切りなど、毎話鉄平らが翻弄(ほんろう)されながらも「会社は学校じゃねぇんだよ」と決めぜりふをはきながら前に進んでいく。

第3話では、超有名投資家の森永泰三から出資を勝ち取った鉄平(三浦)たちが事業の要となるインフルエンサーを集めるため、学生時代に「渋通」を共に起業した仲間・竜彦に協力を求める。

だが竜彦は勝手に辞めた鉄平にうらみを持ち、既にビットバレーと提携を結んでいた。「1000万円で竜彦のところから100人引き抜く」と決めた鉄平は、インフルエンサー集めに奔走する…という内容だった。

■ 三浦翔平が体当たり演技を披露

竜彦のもとへ「もう一度組みたい」と話をするためにサロンを訪れた鉄平だったが、何度も断られる。

それでも鉄平が諦めずにいると、竜彦は「だったら今ここで全裸になってよ」と大勢の人がいる前で要求する。

それを鉄平は断ることなく、「21世紀を代表する会社を創る」という志のもと、その場で全裸になった。

そのシーンには視聴者からも大きな反響が。「ここまでやるとか衝撃的…」「この場面はつらい」「展開がすごすぎる。さらに全裸姿が美しい!」と、多くの反響が上がっていた。

また、サロンで全裸になる鉄平を見ていた宇野演じる華子は、鉄平の「夢をかなえるためなら何でもする」という姿に感化され声をかける。

雑誌が廃刊し職を失っていた華子は「私たちを買って」と後輩モデルたちと共に鉄平の会社の役に立てると訴えかける。

「何でもするなら、キスしてみ?」とふざけた様子で言う鉄平に対し、本気でキスをする華子。華子もまた行動で本気を見せた。

それを見た視聴者からは「ここでキスシーンか!!」「宇野ちゃんの『私たちを買って!』ってせりふも話し方もかわい過ぎて悶絶した」「すべてが可愛い!」とこちらも大きな反響を呼んだ。

8秒近いキスシーンについて、宇野は「キスシーンの前に中華のお弁当を食べちゃったから、ロケバスが水が出るタイプのバスで歯ブラシもあったから助かったーって思った(笑)」と放送後のメーキング番組にて、キスシーンの裏側を告白した。

■ 次回5月12日(土)放送の第4話あらすじ

事務所を解雇されたモデルの華子からインフルエンサー集めに協力すると言われ、それを受ける鉄平。

泰三の紹介で大手お菓子メーカー・三果堂のコンペに参加することになったのだが、競合にはビットバレー山野のチームもいて、プレゼンに勝つためにはインフルエンサーの確保が重要になる。

ビットバレーは人気雑誌編集長の軍田と組み、300人以上のモデルを囲い込む。

対して華子が集めたのは32人と、その差は歴然。だが、集まったインフルエンサーを前に鉄平はある秘策を思いつく。

並行して足りないエンジニアを獲得すべく、鉄平は超有名なエンジニア・堀田を口説きにいくも高額な契約料を請求される。

「俺の気持ちが震えるような企画だったらやるけど」と言われ、鉄平が出した企画は?

果たして鉄平は、ビットバレー・山野にプレゼンで勝つことができるのか。(ザテレビジョン)