2018年クラシック候補たち
第14回:ゴーフォザサミット

 5月27日のGI日本ダービー(東京・芝2400m)は、競馬に携わるすべてのホースマンにとって憧れの舞台であり、そのタイトルを獲得することが誰しもの夢となっている。

 なかでも、その”悲願達成”への思いが最も強い現役ジョッキーと言えば、蛯名正義騎手ではないだろうか。

 1987年にデビューし、今年で49歳になったベテランジョッキー。国内外のGIレースを数多く制し、3歳クラシックにおいても”ダービー以外”のレースはすべて勝っている。JRA通算2498勝、重賞128勝(5月5日現在)と、押しも押されもせぬトップジョッキーである。

 しかし、なぜかダービーだけには縁がない。これまで、その高い壁に何度となく跳ね返されてきた。24回挑戦して、2着2回、3着2回。2012年にはフェノーメノに騎乗して、わずかハナ差の2着と涙を飲んだ。

 そんな蛯名騎手が今年、期待を抱いてダービーに臨む馬がいる。ゴーフォザサミット(牡3歳/父ハーツクライ)だ。


蛯名騎手とのコンビで日本ダービーに挑むゴーフォザサミット

 昨年、デビュー2戦目の未勝利、500万下の百日草特別(11月5日/東京・芝2000m)を連勝した同馬。年明け初戦は、クラシックを見据えてGIII共同通信杯(2月11日/東京・芝1800m)に出走するが、4着に敗れた。巻き返しを図って挑んだ続くGIIスプリングS(3月18日/中山・芝1800m)でも7着と惨敗を喫して、クラシック第1弾の皐月賞出走は叶わなかった。

 だがその後、トライアルのGII青葉賞(4月28日/東京・芝2400m)で見事に勝利。2戦目以来となる蛯名騎手とコンビを組んで、ともに夢舞台への挑戦権をつかんだ。

 陣営によれば、ゴーフォザサミットはまだ「未完成」だという。そうした状況にあって、ベテランの蛯名騎手とは相性がいいそうだ。その点について、関東競馬専門紙のトラックマンが説明する。

「ゴーフォザサミットは、まだ腰に甘いところがあるなど、体は成長途上です。その分、反応が鈍いのですが、スタッフが言うには『蛯名騎手がこの馬に騎乗すると、うまく甘さをカバーしてくれる』とのこと。実際、蛯名騎手が乗ったレースでは、前目の好ポジションが取れていて、かなり手が合っているように見えます」

 相性抜群のコンビで向かう大舞台。その本番に向けて、陣営からはさらなるプラス材料が聞こえてくるという。先述のトラックマンがその詳細を明かす。

「ゴーフォザサミットは、中山競馬場など右回りのコースでは手前を替えないこともあったそうですが、左回りの東京競馬場では『きちんと手前を替えている』とのこと。このコースがベストの条件であることは間違いないですね。

 加えて、この馬は『明らかな叩き良化型』と陣営は話しており、レースを使うごとに馬体を絞るタイプ。『次のダービーではさらによくなる』と言っていますから、伸びしろも相当ありそうですよ」

 群雄割拠の様相を呈している今年の”競馬の祭典”。熾烈な争いの中では、人馬の相性は大きな武器になるはずだ。そして最後は、ベテラン騎手の執念と若駒の成長がモノを言うかもしれない。 蛯名騎手がついに「ダービージョッキー」の称号を手にすることができるのか。注目の決戦まで、まもなくである。

◆NHKマイルCは本命にスキあり。ならば「お金を増やす3頭」を選ぶ>>

◆NHKマイルCで、過去の「100万馬券の立役者」と似た3頭がいた>>