【先週の結果】

先週の的中は以下の通り。

・新潟12Rが○→◎→▲で決まり、馬単3,010円、3連複7,440円、3連単30,840円。

【今週の予想】

☆東京11R NHKマイルカップ(GI)(芝1600m)

 ニュージランドT、アーリントンC,ファルコンS,毎日杯、桜花賞など、様々な路線、トライアルからスピード自慢たちが集結し、3歳マイル王の座を狙う。中でもレッドヴェイロンが面白い。未勝利を勝ち上がるまでに5戦を要したが、敗れた4戦の内、直線進路が狭くなる不利があった1戦を除けばすべて2着。それも先着を許した馬たちは、昇級後勝ち負けしており、特に初戦で先着を許したスーパーフェザーは、先日の青葉賞で3着と重賞でも好走したレベル。本馬自身未勝利を勝った前々走は、逃げて上がりは最速と完璧な内容。それも直線残り100mあたりから流してのものだから強いの一言。2着に5馬身差付けての勝利であったが、2着だったインターセクションは、先日メンバーの揃った未勝利戦で勝利しており、決してメンバーレベルが低いわけではなかった。前走のアーリントンCでは、出遅れて後方からの競馬となったが、最速の上がりを使って追い込み3着。逃げてよし、差してよしと、どこからでも競馬ができる強みがあり、使われながら馬体、精神的にも成長が見られ、このメンバーに入っても引けを取らない。相手本線はパクスアメリカーナ。クロフネ産駒は過去5年で2勝、2着1回と相性の良いレース。全姉には12年のヴィクトリアMを制したホエールキャプチャがおり、血統的に好走の匂いがプンプン。血統だけではなく、競馬ぶりも優秀。前々走のこぶし賞では、3コーナーから大外を回って動いて行き、今回人気の一角となるであろうケイアイノーテックを直線入り口で早々と交わし、そのまま押し切る強い競馬。前走は打って変わって直線内を突いて2着に入っており、使われながらしっかりとキャリアを積んできた。多頭数で厳しい競馬が余儀なくされるGIでは、そのキャリアが生きる。▲にはタワーオブロンドン。以下、ミスターメロディ、プリモシーン、テトラドラクマまで。

◎(17)レッドヴェイロン
○(10)パクスアメリカーナ
▲(7)タワーオブロンドン
△(16)ミスターメロディ
△(5)プリモシーン
△(3)テトラドラクマ

買い目
【馬単】7点
(17)→(3)(5)(7)(10)(16)
(7)(10)→(17)
【3連複1頭軸流し】10点
(17)-(3)(5)(7)(10)(16)
【3連単2頭軸マルチ】24点
(10)(17)⇔(3)(5)(7)(10)(16)

※出走表などのデータは、必ずJRA公式発表のものと照合して下さい。

<プロフィール>
ハッシー
山梨県出身。浦河にある生産牧場を経て、在京スポーツ紙への入社。牧童経験を活かし、数々の万馬券を的中する。中にはパドックで選んだ4頭で決まり3連単100万円越えもあり。予想スタイルは馬の適性、過去のレース内容、調教を重視。