GI6週連続開催の第2週目は、3歳馬の「マイル王決定戦」となるNHKマイルC(5月6日/東京・芝1600m)が行なわれる。

 例年、マイル以下の短距離戦線を歩んできた馬と、牡牝クラシックの第1弾(桜花賞、皐月賞)を終えたあと、距離適性を考慮して第2弾のオークス(東京・芝2400m)や日本ダービー(東京・芝2400m)には向かわず、こちらに回ってくる馬との”激突”といった趣(おもむき)が強いレースだ。

 しかし今年は、前走が桜花賞(4月8日/阪神・芝1600m)、もしくは皐月賞(4月15日/中山・芝2000m)というのは、桜花賞10着のプリモシーン(牝3歳)と同11着のアンコールプリュ(牝3歳)のみ。牡馬クラシック組は不在となり、より専門性が増して、マイル以下の距離路線にこだわってきた面々による争い、といった色合いが強くなっている。

 そうした状況にあって、人気を集めそうなのは、昨年末のGI朝日杯フューチュリティS(12月17日/阪神・芝1600m)の3着馬で、今年初戦となったアーリントンC(4月14日/阪神・芝1600m)を快勝したタワーオブロンドン(牡3歳)。朝日杯FSの前には、GII京王杯2歳S(2017年11月4日/東京・芝1400m)も勝利しており、実績も断然である。

 はたして、その牙城を打ち破ることができる馬はいるのか。

「東京のマイル戦は、3歳馬にとっては思っている以上にタフなもの。ただ切れる脚を使えるだけでこなせるコースではなく、一方で、そう簡単に逃げ切れるコースでもありません。1985年以降の2、3歳の世代限定重賞では、71鞍中、逃げ切り勝ちはわずか7回。まさしく総合力が問われる舞台で、3歳馬のマイル王が決められるわけです」

 NHKマイルCについて、まずそう語ったのは日刊スポーツの松田直樹記者。そんな舞台設定を踏まえて、松田記者は最初に出走メンバーのコース経験に着目し、こんな見解を示した。

「今年の出走馬18頭のうち、東京マイルの経験がある馬は、テトラドラクマ(牝3歳)、デルタバローズ(牡3歳)、プリモシーン(牝3歳)と3頭しかいません。これでは比較サンプルが乏しく、厳しいコースをこなせる適性を判断するには、情報が少し足りません」

 そこで、松田記者は”互換性”のあるコース実績を用いて、こう続ける。

「この世代における2歳王者と2歳女王のローテーションを思い出してほしいのですが、朝日杯FSの優勝馬ダノンプレミアムは、GIIIサウジアラビアロイヤルC(東京・芝1600m)を制してからの臨戦で、阪神ジュベナイルフィリーズ(12月10日/阪神・芝1600m)の優勝馬ラッキーライラックは、GIIIアルテミスS(東京・芝1600m)を勝って大一番に挑みました。

 要するに、東京マイルで好走した馬は、阪神マイルでも走るということ。とすれば、その逆の理論も成り立つのではないか、と踏んでいます」

 ただこの論法からすると、先述のタワーオブロンドンがますます有力視されることになる。それでは人気どおりに収まってしまうが、さすが”穴党”の気持ちがわかる松田記者は、ひとひねり加えて推奨馬を挙げてくれた。



アーリントンC2着のパクスアメリカーナ

「アーリントンC2着馬のパクスアメリカーナ(牡3歳)です。父は2001年のNHKマイルCを制したクロフネ。全姉ホエールキャプチャは、同じ東京マイルで行なわれるGIヴィクトリアマイルで、2012年に1着、2013年に2着と結果を残しています。この舞台で、最も輝く血統背景の持ち主と言っても過言ではありません。

 前走のアーリントンCでは、上がりタイムでもメンバー中2位、1位を記録した1着タワーオブロンドン、3着レッドヴェイロンが、末脚が利く外差しを決めるなか、パクスアメリカーナは最内の1番枠からスタートし、最後の直線でも内からしぶとく脚を伸ばして連対を確保しました。

 4角で進路を探すシーンがあってスムーズさを欠いたことを差し引けば、勝ったタワーオブロンドンとももっと際どい勝負になったはず。一瞬の切れ味では他馬に劣るかもしれませんが、長くいい脚を使えるのは、いかにも東京向きの印象で、逆転が期待できます」

 パクスアメリカーナを管理するのは、ダノンプレミアムなども所属する中内田充正厩舎。今、乗りに乗っている厩舎ゆえ、その点でも軽視は禁物だ。

 翻(ひるがえ)って、タワーオブロンドンにも「隙アリ」と見ているのは、デイリー馬三郎の木村拓人記者だ。

「タワーオブロンドンについては、朝日杯FSの際には本命にしましたし、前走のアーリントンCでも強い競馬を見せました。とはいえ、レースを使われるごとにスプリンター色が出てきて、ベストはマイル未満の距離ではないか、と思うようになってきました。

 とすると、マイルの実力プラスアルファが求められる東京のマイルで人気どおりに走ってくれるのか? というと、一抹の不安があります」

 そうして木村記者は、松田記者とは異なるアプローチで、阪神マイルにおける実績を掘り下げて、気になる馬の名前を挙げた。

「朝日杯FSの覇者ダノンプレミアムは弥生賞(中山・芝2000m)を、2着のステルヴィオはスプリングS(中山・芝1800m)を、そして3着タワーオブロンドンはアーリントンCを勝って、3歳になっても結果を出しているように、あのレースは相当にレベルが高かったと考えられます。

 その視点でいくと、3着タワーオブロンドンとは僅差だった、4着ケイアイノーテック(牡3歳)、5着ダノンスマッシュ(牡3歳)あたりは、今回もまだまだ見限れないと思いますよ」

 木村記者がとりわけ強く推すのは、ダノンスマッシュだ。奇しくも松田記者同様、アーリントンC組からの穴馬推奨となった。

「ダノンスマッシュの今年初戦は、ファルコンS(3月17日/中京・芝1400m)。1番人気に推されたものの、7着と完敗を喫しました。ただそれは、流れに乗れずに不完全燃焼に終わったもの。度外視していいでしょう。

 続くアーリントンCでは、差し競馬の展開の中で早め早めに動いた先行勢にありながら、5着に踏ん張ったのは評価できます。今回、タワーオブロンドンが差しに構えるならば、ノーマークになるはず。脚質の自在性がありますから、意外な盲点になると思いますよ」

 木村記者が名前を挙げたもう1頭、ケイアイノーテックについては、松田記者もマークしているという。

「ケイアイノーテックは、2走前の500万下(3月11日/阪神・芝1600m)のレースを4馬身差で圧勝。勝ち時計の1分34秒2は、前日の古馬準オープン(牝馬限定)うずしおSの勝ちタイムよりも、1秒2も速いものでした。

 朝日杯FSでは、3着タワーオブロンドンに鼻差の4着。このメンバーでもやれる下地は十分にあります。ちなみに、デビューからの6戦はすべてマイル戦。その内訳は2勝、2着2回、3着1回、着外(4着)1回と、いずれも掲示板を外しておらず、距離適性も抜群に高いと思います」

 木村記者も、松田記者に同意してこう語る。

「朝日杯FSでダノンスマッシュに先着していますから、ケイアイノーテックもノーマークにはできません。前走のニュージーランドT(4月7日/中山・芝1600m)でも2着。馬体重を大きく減らすなかで、NHKマイルCの優先出走権が得られる3着以内にきっちり入ってきました。

 本番では、前走で減った馬体の回復という課題はありますが、それさえクリアできれば、当然上位争いが期待できます」 決戦は、ゴールデンウィークの最終日。連休中に目いっぱい遊んで使った”お小遣い”を、ここに挙げた3頭がきっと取り戻してくれるに違いない。

◆NHKマイルCで、過去の「100万馬券の立役者」と似た3頭がいた>>

◆NHKマイルCは今年も牝馬。中11週のテトラドラクマが不気味だわ>>