東京11R「プリンシパルS」芝2000
★道営の星、ハッピーグリン。勝って、ダービーへ夢をつなぐ★
◎8ハッピーグリン
○9イェッツト
▲13ブレステイキング
△1ジャックローズ、6コズミックフォース
 道営ファンの期待を一身に背負って、ハッピーグリンがダービー出走権獲得を目指す。前走の皐月賞トライアル・スプリングSを見る限りチャンスは十分ある。結果はステルヴィオ(皐月賞4着)の前に8着と後塵を拝しているが、積極的に動いて0秒8差に粘った内容は決して悲観するものではない。先週の青葉賞を快勝した、ゴーフォザサミット(7着)とはクビ差。実力は優に重賞レベル、と言っても過言ではない。東京コースもセントポーリア賞をメンバー最速の上りで突き抜け圧勝した、ゲンの良い舞台。距離延長も強調材料だし、勝利のお膳立ては整っている。

東京10R「メトロポリタンS」芝2400
★センス抜群のアドマイヤロブソン。オープンの壁も一気に突破する★
◎3アドマイヤロブソン
○10ホウオウドリーム
▲6ベストアプローチ
△5リッジマン、7レジェンドセラー
 デビュー以降、<4310>と、複勝圏を外さないアドマイヤロブソン。センスの良さは非凡な能力の証しでもある。まだ底が割れていないのも魅力でノビシロは大きい。昇級戦とはいえ、手薄なオープン特別なら2連勝のシーンは十分考えられる。

東京12Rサ4歳上千万下牝・ダ1600
★好走条件の整ったパイルーチェ。「勝つよ」と、V宣言も飛び出した★
◎4パイルーチェ
○8ダイワエトワール
▲5アッキー
△11クインアマランサス、13レッドリボン
 3着続きのパイルーチェが、「今度は勝つよ」と必勝の意気込みを燃やす。何度もチャンスを逃して来たのは、距離が原因。「1800辰枠妙に長く、最後甘くなる」。しかし、1ハロン短縮、適鞍の東京1600辰鯑世謄船礇鵐垢和腓く広がった。京都11R「京都新聞杯」芝2200
★3連勝は至難の業だが、レイエスプランドルなら達成できる★
◎10レイエスプランドル
○2グローリーヴェイズ
▲1フランツ
△5タニノフランケル、11アルムフォルツァ
 ここに来て2連勝中と、地力強化の目覚ましいレイエスプランドル。その山吹賞は好位2番手から抜け出すセンスの良さがキラリと光った。先行力もさることながら、メンバー最速の上り(34秒5)で決した抜群の瞬発力は大きな魅力。闘ってきた相手も、グレイル、アイトーン(いずれもオープン)と強敵揃い。経験を重ね素質に力が備わったのだから、まさに鬼に金棒。3連勝も決して夢ではない。