©超人女子/テレ朝POST

写真拡大 (全5枚)

己の肉体を極限にまで鍛え上げた美女たちが、毎週番組が設定するさまざまな競技で“超人◯◯女子No.1”の座を争うワンダーウーマンバラエティー『超人女子』。

©超人女子/テレ朝POST

5月3日(木)の放送では、ゲストに女子プロ野球「埼玉アストライア」の佐々木希、女子ソフトボール「日本精工ブレイブベアリーズ」から高岡佑衣と山田蓮を迎え、「超人コントロール女子」決定戦を繰り広げる。

©超人女子/テレ朝POST

今回の競技は、“陣取りゲーム”の要素もあわせ持つ新感覚のピッチング競技。

25個の的が並んでおり、当たった的と連動したパネルが自分のものとなる。ゲームのスタート時には13番の的だけが立ち、それを当てると隣接する7・8・9・12・14・17・18・19の的が出現。相手の獲得した的をオセロの感覚で囲むように取れば、自陣として獲得できる。

©超人女子/テレ朝POST

単純なボールコントロール力だけでなく、どの的を狙うか戦略性も勝敗をわける重要な要素となる競技だ。

今回、球界で活躍する現役の選手をむかえ撃つのは、津吹アイリ(陸上七種競技)、坪井ミサト(タレント)、ヤハラリカ(モデル)の3名。

2つのグループにわけ1回戦を争い、各グループの勝者で決勝戦を行う。

©超人女子/テレ朝POST

今回の注目は、野球経験者の坪井ミサト。はたして“速球女子”の異名を持つ彼女は、現役のアスリートたちに一矢を報いることはできるのか?