「松本零士の世界展」大丸東京店で、『銀河鉄道999』『宇宙戦艦ヤマト』などの原画展示、グッズ販売も

写真拡大

展示会「松本零士の世界展」が東京・大丸東京店で開催。会期は2018年8月28日(火)から9月4日(火)まで。

『銀河鉄道999』や『宇宙戦艦ヤマト』など一大アニメブームを巻き起こした漫画界のレジェンド・松本零士。2018年で生誕80周年を迎えることを祝して、「松本零士の世界展」では、松本零士の直筆水彩画・墨彩画・版画など、80余点を展示・販売する。キャンバスの上で今にも動き出しそうな「メーテル」や「キャプテン・ハーロック」など、人気キャラクターを通して原作の世界観を楽しむことが可能だ。

また通常美術館の展覧会でしか観ることができない、初期の希少な直筆原稿や初版本も公開。加えて、本展開催に向けて松本が描き上げた、東京駅舎と999号が出会う幻想的な作品も初公開となる。

さらに会場では、グッズ販売や松本零士本人によるトークショー&サイン会も実施。ファン必見のコンテンツ盛りだくさんのイベントとなっている。

【詳細】
松本零士の世界展
会期:2018年8月28日(火)〜9月4日(火)
会場:大丸東京店11階催事場
住所:東京都千代田区丸の内1-9-1

■販売価格
・「メガロポリス東京ステーション」原画 30×43cm 2,700,000円、版画(限定200点) 30×43cm 129,600円
・「愛の戦士たち(II)」31×41cm 129,600円
・「漆黒の世界へ」(傘寿記念・新作版画、 サイン入り)26×36cm 97,200円
・「メーテル・永遠に」(イラストサイン入り) 版画 60×43cm270,000円
・「帰還」(イラストサイン入り) 版画42.2×60.5cm 270,000円

■松本零士トークショー&サイン会
開催日時:9月2日(日)15:00〜


[写真付きで読む]「松本零士の世界展」大丸東京店で、『銀河鉄道999』『宇宙戦艦ヤマト』などの原画展示、グッズ販売も

外部サイト

  • 「ウォルト・ディズニー・アーカイブス展」東京・松屋銀座で開催、日本初含む約420点の衣裳や写真
  • 漫画『最遊記』の原画展が西武池袋本店で、シリーズのカラー原画200点以上を展示
  • 「キャプテン翼の世界展」西武池袋本店に、コミック生原稿の展示&"翼"名入りユニフォーム販売も