©テレビ朝日

写真拡大 (全3枚)

視聴者から寄せられた“面白かったこと”“驚いたこと”“感動したこと”など「二人のお耳に入れておきたいこと」に対して、マツコ・デラックスと有吉弘行が好き勝手にトークをしていく『マツコ&有吉 かりそめ天国』。

©テレビ朝日

5月2日(水)の同番組では、21歳の大学生から「『やらずに後悔するより、やって後悔するほうがいい』という言葉を信じて行動してきたら、めんどくさいことに多く巻き込まれた」というメールが届く。

「やってから後悔するってツラくないですか?」という若者からの意見にマツコは、「例え後悔するとしても、デカイことは怖くてできないわよ」と回答。「常に信念を持って行動し続けるなんて疲れる」「いつかやらなきゃいけないことだらけになってくるんだから」と大人ならではの見解を述べる。

そして、ふたりがこれまでの人生でしてきた大きな決断について考えてみると…。有吉が、そう決めると苦しくなると説明することとは?

©テレビ朝日

20年ほど前、付き合っていた役者の男性から「俺が有名になったときに、(彼女が)お前じゃ役不足」と言ってフラれたという女性。

いまでもエキストラみたいな役をやっている彼を見かけるたび、モヤモヤした気分になるというメールに、マツコは「今でも気にしてるってことなんだろうけど、それは好きだから気になっているの? それとも腹が立ちすぎて気になっているの?」と疑問を呈する。

“別れた人の動向を気にしてしまう心理”について考えてみたマツコと有吉は、意見が真っ二つに割れ…?