「AUDIO ARCHITECTURE展」東京ミッドタウンで、音楽・映像・会場が一体化

写真拡大

企画展「AUDIO ARCHITECTURE:音のアーキテクチャ展」が、2018年6月29日(金)から10月14日(日)まで、東京の21_21 DESIGN SIGHTにて開催される。

“音楽”を音楽以外のメディアで表現

「AUDIO ARCHITECTURE:音のアーキテクチャ展」では、通常視覚的なものや物理的なものとは切り離して認識されている“音楽”を、音色や音域、音量、リズムといった様々な要素によって緻密にデザインされた“構造物”=“アーキテクチャ”として捉え、“音楽”以外のメディアで“音楽”を表現する試みを実施。異なる要素が呼応しながら構築していく「音楽建築空間」の創出を目指す。

映像、アニメーション、ダンスなど多様な作品

会場では、コーネリアス(Cornelius)の小山田圭吾が書き下ろした新曲「AUDIO ARCHITECTURE」を題材に、映像、アニメーション、ダンス、グラフィック、広告、イラストレーション、プログラミング、メディアデザインなど複数の領域を横断する9組の気鋭の作家達が制作した、それぞれの映像作品を繰り返し再生する。

大人数が話し合うノイズの中でも、話し相手の声や、別の席で交わされる興味のある話題が聞こえてくる「音の選択的聴取」を指す「カクテルパーティ効果」にフォーカスした大西景太「Cocktail Party in the AUDIO ARCHITECTURE」や、楽曲を「生命的に脈打つもの」として、その断面の連続を描いていくことで、“音楽を聴くこと”そのものの複雑性を表現した勅使河原一雅「オンガクミミズ」など、音楽を様々な角度からとらえ表現した作品が集結する。

インテリアデザイナーの片山正通が手掛けたダイナミックな空間の中で、1つの楽曲に対し複数の映像作品を反復し再生していくことで、音楽、映像、空間が相互に関係しながら一体感を創出。様々な要素が連動し、調和することで生み出される「音楽建築空間」の中で、新鮮な“音楽”体験をすることができる。

詳細

AUDIO ARCHITECTURE :音のアーキテクチャ展
会期:2018年6月29日(金)〜10月14日(日)
開館時間:10:00〜19:00(入場は18:30まで) ※火曜日休館
場所:21_21 DESIGN SIGHT ギャラリー1&2
住所:東京都港区赤坂9-7-6 東京ミッドタウン ミッドタウン・ガーデン
TEL:03-3475-2121
入館料:一般 1,100円、大学生 800円、高校生 500円、中学生以下無料


[写真付きで読む]「AUDIO ARCHITECTURE展」東京ミッドタウンで、音楽・映像・会場が一体化

外部サイト

  • 企画展「日本のグラフィックデザイン2018」入場無料、雑誌広告や雑貨など東京ミッドタウンに集結
  • インドの綿布「カディ」とその魅力を伝えたマルタン・シンを紹介する展覧会、HaaTのバッグ販売も
  • 「六本木アートナイト2018」メインアーティストに金氏徹平、鬼頭健吾、宇治野宗輝