4月28日に名古屋・日本ガイシホールで行われたSKE48のコンサートの夜公演の模様をリポート/(C)AKS

写真拡大

4月28日に、名古屋・日本ガイシホールで行われた「SKE48 単独コンサート 10周年突入 春のファン祭り!〜友達100人できるかな?〜」。今回は、その夜公演の模様をリポートする。

【写真を見る】本編最後の楽曲で涙を流す松井珠理奈(左)/(C)AKS

某製パン会社のキャンペーンを彷彿とさせ、しかも、SKE48のモバイルサイトと連動して実際に会場で“白いお皿”のプレゼントキャンペーンも行われるなど、少しおふざけ感があるコンサートタイトル。だが、いざふたを開けてみると、そこにはSKE48の“ガチ”や“激しさ”がぎっしりと詰まっていた。

「overture」が終わり、1曲目に流れたのは高木由麻奈が作曲したEDM「Spirit of SKE48」。複数のグループに分かれたメンバーたちが入れ替わりながらステージ上に現れ、約2分半の間、激しく、かつ統制の取れたダンスを見せると、観客の目は早くもステージにくぎづけに。

SKE48屈指のダンスナンバー「Escape」では、メンバーたちはより一層力強くパフォーマンス。また、この曲にも高木のアレンジがプラスされていたのに加え、松本慈子は卒業した東李苑が担当していたキーボード担当を継承。そして、「青空片想い」「賛成カワイイ!」「恋を語る詩人になれなくて」と、人気楽曲を続けて披露した。

一方、楽曲を制作した高木は「メンバーがいたからこそ、できたことだし、今回のレッスンを見てきて、すごく『SKEってパワーが強いな』って思って、本当にメンバーのことを誇りに思いました」と、自身の曲に全力パフォーマンスを乗せたメンバーへの感謝を口にした。

ユニットブロックは、昼公演に続き、メンバーと楽曲の組み合わせで新たな顔や意外な一面が見えてくる“AKB48グループのコンサートの面白さ”が存分に感じられる構成に。

ラブ・クレッシェンドの「反射的スルー」、須田亜香里、相川暖花、浅井裕華の「奇跡は間に合わない」に続けて披露されたのは、日高優月、鎌田菜月、井田玲音名、荒井優希、内山命の「涙の湘南」。ファンからのコールが特徴的なこの楽曲、会場中に大きく響いた気持ち良さそうな「れーおーな!」コールがとても印象的だった。

さらに、松村香織、谷真理佳、犬塚あさな、都築里佳というクセがすごい(!?)4人による「アイドルなんて呼ばないで」の後は、小畑優奈、青木詩織、高畑結希の「思い出以上」。いつもはニコニコしているイメージのある小畑、劇場公演の「残念少女」でクールな表情も見せてはいたが、そこに「思い出以上」のパフォーマンスの激しさも相まって、新たな表情を印象付けた。

そして、ソロ曲「枯葉のステーション」で登場したのは菅原茉椰。後のMCで「終わったらすぐ泣いていた」と舞台裏を明かしていたが、ステージ上では、卒業生・松井玲奈がオリジナルメンバーであるこの曲をしっとりと歌い上げていた。

「枯葉のステーション」の後は、江籠裕奈、熊崎晴香の「てもでもの涙」&古畑奈和、一色嶺奈、松本慈子の「ハート型ウイルス」というAKB48グループの王道2曲と、フレッシュなドラフト3期研究生の「ごめんね、SUMMER」が披露された。

ユニットブロック後のMCでは、パフォーマンスの方向性をめぐり、松井珠理奈と斉藤の舌戦が勃発。「(大切なのは)やっぱり“今”なんで、昔の考えはちょっと古いと思うんですよね」という斉藤の“口撃”に、松井は口パクで“オーマイガー!”と外国人プロレスラーのようなリアクションを取ると、「じゃあ辞めろってこと?」と、売り言葉に買い言葉で応戦。

すると、話はメンバーが白い衣装の“斉藤軍”と赤い衣装の“珠理奈軍”に分かれてのダンスバトルに発展。“斉藤軍”は「ジェラシーのアリバイ」と「Darkness」、“珠理奈軍”は「拗ねながら、雨…」と「赤いピンヒールとプロフェッサー」で、互いにキレのあるパフォーマンスを見せつけ合った。

「ウエスト・サイド物語」的エッセンスも感じたこの展開、最終的には「まだまだ勝負し足りないんで、SKEにいてください」と言う斉藤に、松井も「(感動で)泣けばいいですか!?」と目を潤ませながら応え、抱き合ったところで対決は終了。

その後は全員で「SKE48」「We're Growing Up」「手をつなぎながら」、松井がソロ曲「花占い」を披露すると、セットリストはメドレーに突入。メンバーたちは「片想いFinally」「チョコの奴隷」「意外にマンゴー」「12月のカンガルー」「バンザイVenus」「I love AICHI」「パレオはエメラルド」「無意識の色」を立て続けに歌い踊った。

怒濤のメドレーを終えると、本編最後の楽曲として「ずっとずっと先の今日」を。未来へ歩き続けることを歌ったこの楽曲に、松井が思わず涙を流すと、その両脇には須田と古畑奈和が寄り添った。

そして、アンコールに入り、「オキドキ」「仲間の歌」が披露されると、愛知県知事・大村秀章氏がステージ上に登場し、この日出演したメンバーの数に合わせた65本のオレンジのバラをプレゼント。

さらに、大村知事がステージ上を去ると、入れ替わるように湯浅洋SKE48劇場支配人が姿を現し、サプライズで研究生の昇格発表が。チームSに岡田美紅、坂本真凛、仲村和泉、チームKIIに大芝りんか、チームEに倉島杏実、白雪希明、野々垣美希が所属することとなった。

アンコールの最後は、2014年にナゴヤドームで行われたコンサート中にMVの撮影が行われた「未来とは?」。曲が終わると、松井が「私はきょうここで確信を持ちました。SKEの未来は絶対に明るいと思います! もう何回も言ってますけど、必ず近い未来に、ナゴヤドームで会いましょう!」と、ファンと約束を交わし、コンサートを締めくくった。

■ 岡田美紅(チームSに昇格)

私はチームEのアンダーだけしか出られてなかったんですけど、チームSのダンスを早く覚えて、先に昇格した同期に追いつけるように頑張りたいと思います。先輩たちに追いつく気持ちで、一生懸命、SKE48に全てをささげて、これからも頑張っていきたいです。

■ 坂本真凛(チームSに昇格)

チームSには以前から出演させていただいて、先輩がダンスをすごく丁寧に教えてくださるので、迷惑を掛けているんじゃないかって思っていました。今回、チームSは若いメンバーも多いので、下の期から盛り上げていきたいと思います。

■ 仲村和泉(チームSに昇格)

ちょっと前に同期の何人かが先に昇格して、それがずっと悔しくて、負けたくなくて頑張っていたんですけど、これからチームSでもっともっと頑張って、先に昇格したメンバーに追いついて、追い越せるようになりたいです。

■ 大芝りんか(チームKIIに昇格)

本当にできなくて、毎日どうしようと悩む日々でした。(3月に行った)地元のさいたまスーパーアリーナで「(またここに)昇格して立ちたいです」と話したので、さいたまスーパーアリーナにまた立ちたい。頑張ります。

■ 倉島杏実(チームEに昇格)

本当にSKE48が大好きで、同期の昇格がつらかったです。研究生の中でどれだけ良いパフォーマンスを見せられるか頑張ってきて、やっと昇格させていただけてうれしい。悔いのないように、SKE48らしさ全開でいきたいと思います。

■ 白雪希明(チームEに昇格)

本当に自信がなくて、昇格することは絶対に無理だと思っていました。昇格をさせていただいたからには、早くなじんで、すてきなチームの一員になれるように頑張りたいと思います。

■ 野々垣美希

チームE公演にはよく出させていただいてたんですけど、ダンスがへたくそで、先輩の中にいると、浮いていると思っていました。これからもっと上達して、いい意味で目立てるように頑張ります。

■ 「SKE48 単独コンサート 10周年突入 春のファン祭り!〜友達100人できるかな?〜」夜公演 セットリスト

overture

M1「Spirit of SKE48」

M2「Escape(高木由麻奈アレンジver.)」

M3「青空片想い」

M4「賛成カワイイ!」

M5「恋を語る詩人になれなくて」

M6「反射的スルー」

M7「奇跡は間に合わない」

M8「涙の湘南」

M9「アイドルなんて呼ばないで」

M10「思い出以上」

M11「枯葉のステーション」

M12「てもでもの涙」

M13「ハート型ウイルス」

M14「ごめんね、SUMMER」

M15「ジェラシーのアリバイ」

M16「拗ねながら、雨…」

M17「Darkness」

M18「赤いピンヒールとプロフェッサー」

M19「SKE48」

M20「We're Growing Up」

M21「手をつなぎながら」

M22「花占い」

M23「片想いFinally」

M24「チョコの奴隷」

M25「意外にマンゴー」

M26「12月のカンガルー」

M27「バンザイVenus」

M28「I love AICHI」

M29「パレオはエメラルド」

M30「無意識の色」

M31「ずっとずっと先の今日」

EN1「オキドキ」

EN2「仲間の歌」

EN3「未来とは?」(ザテレビジョン)