春6連覇を目指す浦和学院が圧勝でベスト8へ浦和学院先発・河北 

 春6連覇がかかる浦和学院が色々な周囲の雑音を払拭する見事な勝利を飾った。初戦で不動岡相手に苦戦し、しかも今大会は左右の両輪、佐野 涼弥(3年)、渡邉 勇太朗(3年)がベンチにも入っていない。今後の戦いを不安視する声もあったが、やはりというか浦和学院は浦和学院であった。

 

 先発は浦和学院が右腕の河北、一方、昨日からの連戦となる川口市立だが、おそらく浦和学院が対策を立ててくるであろうエース星山の連投を避け、大型2年生左腕中島が登板し試合が始まる。

 

 その頼みの中島だが、やや緊張感があったか初回こそ無難に乗り切ったが、変化球が決まらず苦しい投球内容であった。さらに2回表この回先頭の蛭間 拓哉(3年)を迎えた辺りからやや腕の振りが横振りになってしまう。持ち味の角度を活かした投球が出来なくなると、案の定早くも浦和学院打線に捕まってしまう。

 

 この回先頭の蛭間に四球を選び出塁すると、続く小町がきっちりと送り一死二塁とする。7番・荒木も四球を選び一死一、二塁とチャンスを広げると、続く河北がレフトスタンド特大の3ラン本塁打を放ち3点を先制する。さらに二死後1番・中前が四球を選び再度チャンスメイクすると、すぐさま2盗を決め二死二塁とする。ここで続く矢野 壱晟(3年)が右中間へタイムリー三塁打を放ち早くも4点差をつける。

川口市立先発・中島 

 これで試合のペースを握った浦和学院だが、前の試合は4点差をつけやや打線が止まってしまった。その反省を受け3回表も攻撃の手を緩めない。この回先頭の畑が四球で出塁すると、続く蛭間もライト前ヒットを放ち無死一、三塁と追加点のチャンスを迎える。さらに6番・小町も四球を選び無死満塁とし、川口市立・中島をマウンドから引きずり降ろす。代わった2番手・亀谷に対しても、続く荒木がライト前へ2点タイムリーを放つと、これを皮切りに3四球を絡めながら、阿部のセーフティースクイズに畑、小町が2点タイムリーを放つなどあっという間にこの回大量8点を奪う。12点差をつけ早くも試合を決めた。

 

 投げては河北が打線の大量援護にも守られ、4回を1失点で切り抜けると、5回は1年生美又や左腕下薗を登板させ大会の経験を積ませながらも、結局13対2、5回コールドで川口市立を粉砕しベスト8へ名乗りを上げた。

 

 まず、川口市立だが、この日は2年生左腕中島がやや誤算であったか。角度はあるが直球がMAX130km前後まだまだ素材という印象を受けた。だが、今大会で最低限のシードは既に獲得しており、この日もエース星山に無理をさせずダメージは少ない。 それよりも今大会でエース星山が公式戦の経験を積んだ収穫のほうが大きいであろう。問題はむしろ打線のほうであろう。川口市立・長井監督も奮起を促していたが、4番・稲生 稜也(3年)が結局爆発するには至らず、本来”市立川口”時代からの持ち味である打線がまだまだ迫力不足である。長井監督は、今後1年生を含めての競争を公言していたが、野手陣の夏までの競争は激化しそうだ。

 

 一方の浦和学院だが、初戦の硬さも取れこの試合は打線の持ち味を発揮した。投手陣も佐野、渡邉が不在ながらも、近野 佑樹(3年)、永島、河北あたりが今の所まずまずの投球を見せ、投手陣の底上げには貢献している。だが、次の相手は秋敗れた市立川越だ。さすがに浦和学院打線が同じ投手に何度も抑えられる光景は考えにくいが、いずれにせよ打線の出来が本物かどうか真価を問われる一戦となりそうだ。

 

(取材・写真=南 英博)