狭山ヶ丘がエース村田の2発でBシード・上尾を退けベスト8進出エース・村田龍星(狭山ヶ丘) 

 木村歩夢(3年)、小川 竜太朗(3年)と投打の柱を擁し、堅実な試合運びを見せるBシード・上尾対エース村田龍星(3年)がチームを引っ張る狭山ヶ丘との一戦は意外な展開となる。 

 先発は前述、上尾・木村、狭山ヶ丘・村田と両エースが登板したこの試合、木村はスライダーを中心とした制球力が持ち味、村田は球質の重そうな直球を中心に組み立てる両投手、タイプこそ違うが共に安定感があるだけに打線がどのように攻略するかが鍵となった。 

 先制したのは狭山ヶ丘であった。初回上尾・木村の立ち上がりを攻め二死から飯島がセンター前ヒットで出塁すると、続く鈴木泰もライト前ヒットを放ち二死一、二塁とチャンスを広げる。ここで5番・長谷川の所でベンチはエンドランを仕掛けると長谷川は期待に応えライト前タイムリーを放ち1点を先制する。 

 一方のBシード・上尾も黙ってはいない。2回表、この回先頭の原翔がセンター前ヒットを放ち出塁すると、続く木村の所で上尾ベンチはバスターを指示する。これを木村が見事に決めレフト前ヒットを放ち無死一、二塁とチャンスを広げる。続く門倉がきっちりと送り一死二、三塁とするが、後続が倒れ無得点に終わる。 

上尾は3回表にも先頭の小川がライト線へ二塁打を放ち出塁すると、続く原勇がきっちりと送り一死三塁とする。ここで3番・日野吉彬(3年)の打球はショート横へのゴロであった。3走・小川もゴロゴーではなく自重していたのだが、ショートが後ろへ逸らし上尾が労せず1対1の同点とする。 

 だが、4回裏、狭山ヶ丘打線が上尾・木村に襲い掛かる。まずこの回先頭の村田がライト越えのソロ本塁打を叩き込み1点を勝ち越す。これで意気上がる狭山ヶ丘打線は、続く野村大貴(3年)がライト前へポトリと落ちるヒットを放ち出塁すると、続く松澤慶人(3年)がきっちりと送り一死二塁とする。二死後代打の小林が左中間を破るタイムリー二塁打を放ち3対1とし、木村をマウンドから引きずり降ろす。 

 これで流れを掴んだ狭山ヶ丘は、続く5回裏にも2番手左腕・寺山を攻め、二死から長谷川が四球を選ぶと続く村田が2打席連発となる2ランを右中間へ叩き込み5対1とする。

 この回の村田への配球に激怒した上尾・高野監督はすぐにキャッチャーを交代。その後も4番・村上 達哉(3年)をベンチに引っ込める荒療治に出る。これはチームの新陳代謝を高める狙いもあったであろうが、それが功を奏したのは8回表であった。上尾は、やや疲れの見え始めた狭山ヶ丘・村田に対し、一死から原勇が出塁すると、二死後途中出場した二階堂 北斗(2年)がセンター前へポトリと落ちるヒットを放ち一死一、三塁とチャンスを広げる。ここで5番・原翔がライト前タイムリーを放ち1点を返す。

エース・木村歩夢(上尾) 

 ここで狭山ヶ丘ベンチはエース村田を一旦ライトへ回し、マウンドに右サイドの臼井大輝(3年)を送る。だが、頼みの臼井も上尾の勢いを止められない。続く木村にレフト前タイムリーを浴び5対3とされるが、本塁送球間に三塁を狙った一走・原翔を刺し、事なきを得る。

 その裏、狭山ヶ丘は一死から8番・松澤がショートへの内野安打で出塁すると、続く岩田海人(3年)が送り二死二塁とする。ここで代打二神がライト前タイムリーを放ち貴重な1点を奪うと、最終回は再登板した村田が上尾の反撃を三者凡退に抑え6対3で狭山ヶ丘が上尾を破りベスト8進出を果たした。

 まず狭山ヶ丘だが、この日は投打共に大活躍であったエース村田に尽きるであろう。だが、その他の選手にもチームとして臨んだ木村対策への工夫が見られた。木村の代名詞であるスライダーに対し、「彼はスライダーの腕が振れるので我慢しろってことで全員重心を下げさせました」との狭山ヶ丘・山田監督の指示通り、序盤からやや沈み込むような体勢からスライダーをきっちりと捉え、ボールの見極めもできていた。 これで苦しくなった木村が投げた直球を確実に捉えるなど一つ一つ投げる球を消していくという、そのチームとしての打線の対応力は見事であった。課題はむしろ投手陣か。村田の他にもこの日登板した臼井や佐野や2年生の川井田など頭数はいる。もちろん既に3投手共に今大会で登板済みであるが、現状では、大事な試合はエース村田に頼らざるを得ない。それだけに、今後の試合ではその他の3投手が安定感を増しベンチの信頼を勝ち取るべくどれだけ計算できる投手になるかが夏に向けての課題であろう。

  一方の上尾だが、他の北埼玉大会のライバルたちが早期敗退したこともあり、既に夏の上位シード進出は決めている。それだけに、夏までにチームの投打の底上げを狙っている所であろう。課題であったエース木村以降の投手という部分でも左腕の寺山に一応の目途が立ったことは夏へ向けての収穫であろう。ここに右サイドの川田が絡んでくると投手陣として夏の連戦への対応もできる布陣となるであろう。だが、もちろん中心となるのはエース木村だ。夏までにスライダーを狙われた時の対策、バリエーションを増やしたい所ではなかろうか。

(取材・写真=南 英博)