「姉さん、事件です」

 思わず、そう言いたくなるくらいハプニングが続く、今年のクイーンエリザベス2世カップ(以下QE2世C、4月29日/シャティン・芝2000m)。今年から、春の香港の国際招待GIレース3競走であるQE2世C、チャンピオンズマイル(シャティン・芝1600m)、チェアマンズスプリントプライズ(シャティン・芝1200m)が同一開催日となった。ただし、日本で馬券発売があるのは、アルアイン(牡4歳)とダンビュライト(牡4歳)が出走するQE2世Cのみとなっている。


初の海外遠征となる昨年の皐月賞馬、アルアイン

 そのQE2世Cに出走するのは8頭。2頭の日本調教馬以外は、6頭すべて香港調教馬となっている。ベテランが強い傾向のある香港の中距離路線だが、今年はめずらしく全馬が5歳以下。かといってメンバーが小粒かというとそうではない。

 昨年の香港カップ(12月10日/シャティン・芝2000m)を逃げ切ったタイムワープ(せん5歳)を筆頭に、昨年のQE2世C2着馬のパキスタンスター(せん5歳)、3月に行なわれた香港ダービー(3月18日/シャティン・芝2000m、4歳限定)を圧巻の末脚で制したピンハイスター(せん4歳)、一昨年の豪GIクイーンズランドダービー(イーグルファーム・芝2400m)を制して香港に移籍したイーグルウェイ(せん5歳)、昨年の香港ヴァーズで3着馬トーセンバジル(牡6歳)と1馬身差の5着だったゴールドマウント(せん5歳)など、いずれも一発の実力を秘める馬たちだ。

 そんなメンバーに挑むのが、日本の4歳馬2頭。アルアインは同じ距離のGI皐月賞(中山・芝2000m)をレースレコードで勝利しており、ダンビュライトはその皐月賞で3着となったほか、4歳になってGIIアメリカジョッキーズクラブカップ(1月21日/中山・芝2200m)を勝利して勢いに乗っている。

 しかし、である。 今年のQE2世Cはとにかく事件が相次いでおり、いわゆる”ミソのついていない”馬のほうが少ないぐらいなのだ。

 最初はレース3週間前に行なわれた、GIIチェアマンズトロフィー(4月8日/シャティン・芝1600m)での出来事だった。残り1300m、向こう正面で、後方を追走していたパキスタンスターが頭を持ち上げて、競走を拒否しようとしたのだ。思い出すのは、2012年の阪神大賞典でコントロールが利かなくなったオルフェーヴル。鞍上のジョアン・モレイラ騎手がどうにか立て直して、ゴール前では猛然と追い込んで4着に入ったが、調教再審査を受けることになってしまった。実はこの馬、昨年の6月にも同じことをやっており、前科があったのである。

 パキスタンスターは先週金曜日に行なわれたバリアトライアルと呼ばれる実戦形式の調教で、審査を受けた。ここでは意外にも逃げの手に出て合格をしたが、当日のレースで、この作戦は使えないだろう。

 ジョッキーにもハプニングが相次いだ。先週の土曜日。シャティンで行なわれていたレース中、今回ゴールドマウントに騎乗予定のアルベルト・サナ騎手が右肩を脱臼してしまった。10年前から脱臼癖があったというサナ騎手は、レース後に自力で肩をはめ直したのだという。無理せず、その日の残る騎乗は見合わせられたが、翌日にはケロリとした表情で筋トレをしていたのだとか。

 さらに今週の火曜日。この日もバリアトライアルが行なわれたのだが、1ヒート目で、ダンビュライトに騎乗予定のトミー・ベリー騎手の騎乗馬が、ゴール手前200mの地点で心不全を起こしたのか突然倒れ、ベリー騎手はコースに投げ出されてしまった。

 幸いにして、後続の馬に踏まれるといった最悪の事態は免れ、ベリー騎手も自力で立ち上がることができた。翌朝の追い切りに騎乗するなど元気な姿を見せていたが、大事をとって、その日のナイター開催の騎乗をキャンセル。その翌日に予定されていたダンビュライトの追い切りへの騎乗も見合わせることとなった。

 金曜日の朝、本人は「日曜日に万全で乗りたいので、水曜日と木曜日は大事をとって休んだ」と笑顔を見せていた。主催者も診断のうえ、騎乗を許可しているので、問題ないと考えたいが、やはり縁起がいいものではない。

 こんなこともあった。水曜日には、パキスタンスターに騎乗するため、ヨーロッパからスポット参戦する予定だった、シウベスタ・デ・ソウサ騎手の騎乗がキャンセルとなった。伝え聞いたところでは、渡航スケジュールの不備が理由とのことだが、これによって同馬の鞍上には、別のレースでスポット参戦するオーストラリアのケリン・マケボイ騎手が急遽配されることとなった。前述したように、難しいところのある馬のため、テン乗りでどこまでコントロールできるか気になるところである。

 日本調教馬もハプニングに見舞われた、芝コースで追い切る予定だったアルアインが、1コーナーを回ったあたりから大暴れを始めて、まさかの調教拒否。なだめてもすかしても動かず、これは厩舎に戻りたい意思の表れだと察した池江泰寿調教師は、厩舎方面へとのびる1000mの直線コースを逆走することを指示。インターバル形式で2本消化することで、どうにか狙い通りの負荷をかけることができたようだ。ただ、この様子は世界中にリアルタイムで配信されて、よくも悪くも大きな反響を呼んだことだろう。

 ここまで、さまざまな事件を列挙してきたが、実際に予想を考えたときにはどうだろうか。下馬評では、地元のピンハイスターとタイムワープが1、2番人気で、アルアインとパキスタンスターが3、4番人気、ダンビュライトが5番人気と見られている。
 
 実績、持ちタイムからはGIを2勝して、コースレコードホルダーのタイムワープが浮上する。しかし、2走前にそのレコードを叩き出した反動か、続くチェアマンズトロフィーでは10着に惨敗。また、調整過程もこの馬本来のものよりいささか軽めに思われる。

 では、その他の有力馬はどうか。”縁起”を担(かつ)ぐなら、ミソのついた馬は積極的に本命にしたくない。そこで残るのは、新星ピンハイスターである。

 前走の香港ダービーは、上がり800mで44秒9という驚愕の末脚を繰り出して、最後方から一気に突き抜けた。戦績を見ると、それ以前は1400mまでしか勝ち鞍がないが、ダービーのひとつ前のレースを勝った時点で、モレイラ騎手がダービー挑戦を進言したのだそうだ。ダービーではライアン・ムーア騎手が騎乗したが、今回は再度、モレイラ騎手に手綱が戻る。日本では嫌われそうな戦績だけに、香港ほどの人気にならなければ、「おいしい」配当になるのではないだろうか。

 対抗には、「問題児」パキスタンスター。とにかく、レース途中でやめてしまう、というリスクを抱えているが、それを補ってあまりある能力とタレント性を備え持つ。1番枠を引いたことで、無理に控えることもしないはず。むしろ、昨年は先行気味にレースを進めて、4コーナー手前では溜めに溜めて、先に抜け出したネオリアリズムに迫った。万事スムーズなら、それ以上があってもおかしくはない。


クセ馬だが能力はピカイチ、パキスタンスター

 続いて、3番手というよりは、リスクヘッジの上での対抗2番手として、ダンビュライトを推す。こちらも、ベリー騎手の体調さえ問題なければ、他は順調に調整が進められている。ポイントとして挙げたいのが、父ルーラーシップとの相似性。このレース史上初の父仔制覇がかかるのはタイムワープ(父アーキペンコは08年に勝利)も同じだが、ダンビュライトの父ルーラーシップは5歳時に、やはりGIIアメリカジョッキークラブ杯(中山・芝2200m)を制して、1戦挟んで香港に渡り、このレースを制した。ダンビュライトもまさに同じ臨戦過程。テン乗りにはなるが、ベリー騎手も2度このレースを制しているのも心強い。

 これに続くのがアルアイン。追い切りは今ひとつ不完全燃焼に終わったが、GI大阪杯(4月1日/阪神・芝2000m)でも、不向きの流れのなかで勝ちにいって3着に好走した。着拾いに徹していたなら、2着はあったはず。タイムワープが引っ張るペースのほうがこの馬向きで、皐月賞の再現も不可能ではない。あえて、ひとつ懸念を挙げるとすれば、騎乗するクリスチャン・デムーロ騎手がこのコースでは未勝利だということだ。

 穴を挙げるとすればゴールドマウント。前述したように、タイムワープが引っ張る流れは、スローになるとは考えにくい。ハイペースとなって、そこでスタミナ勝負となったときに、この馬の終(しま)いまで伸びるスタミナが活きるはずだ。

 一方で無印としたのがタイムワープ。タイプでいえばピンかパーかのタイプで、自分の流れに持ち込めば強いが、そこに無理が少しでもあったなら脆いタイプだと見る。今回は調整過程にやや不満が残る。勝たれてしまったらそこまで、と潔く割り切りたい。◆天皇賞・春の穴馬3頭。うち1頭は「くれば蔵が建つ」レベルの破壊力>>

◆強豪不在の天皇賞・春。「これならオレにも…」とヤル気の4頭で稼ぐ>>