東京11R「スイートピーS」芝1800
★競馬の上手なミュージアムヒル、2連勝でいざオークスへ★
◎ミュージアムヒル
○ハーツフェルト
▲ランドネ
△ゴージャスランチ、ロフティフレーズ
 最後のオークストライアル。残された1枚の切符を巡り、各陣営「勝ちたい」思いが募る。その中で、最後に笑うのはミュージアムヒル。前走のフローラルウォーク賞で2勝目をゲット、飛ぶ鳥を落とす勢いで駒を進めてきた。1800辰禄蕕瓩討世「競馬が上手だから全く心配ない」という。成績がそのことを証明している。デビュー以降、<2400>と連対率10割を継続中だ。そもそも、オークスを目指す馬に1800辰魏歛蠅砲垢襪海伴体ナンセンス。結果を見てくれ。

東京10R「晩春S」芝1400
★夏のクラス編成で降級するパルティトゥーラ、勝たなきゃ損、損★
◎パルティトゥーラ
○クライムメジャー
▲ロワアブソリュー
△リライアブルエース、レインボーフラッグ
 斑鳩Sを左後肢フレグモーネで取り消したパルティトゥーラ。「シッカリ立て直し、その影響は皆無に等しい」というなら期待したい。前走の市川Sは6着に終わっているが、0秒6差ならメドは立った。クラスも2度目で慣れが見込める。もう1段、2段ギアを上げられるハズ。ハンデ53繊▲魁璽梗太咾覆評〕のお膳立ては整っている。

新潟11R「谷川岳S」芝1600
★充電完了、強い1勝馬ボンセルヴィーソが2勝目をゲット★
◎ボンセルヴィーソ
○タイセイサミット
▲スターオブペルシャ
△アポロノシンザン、トウショウドラフタ
 放牧を挟み心身ともリフレッシュされた、強い1勝馬のボンセルヴィーソに期待。休養前は重賞で2着2回、3着3回(GI2回)と確固たる実績を残して来た。腐っても鯛、とはこの馬のこと。まだ底が割れていない4歳馬でノビシロもある。休養が飛躍の足掛かりになる。京都11R「天皇賞・春」芝3200
★完成の域に達したレインボーライン、ついに大願を成就★
◎12レインボーライン
○11シュヴァルグラン
▲14アルバート
△8クリンチャー、10サトノクロニクル
 前哨戦の阪神大賞典を圧勝、勢いに乗るレインボーラインがついに大輪の花を咲かせる。もともと、休養前は菊花賞2着、天皇賞・秋3着と実力がGI級なのは誰の目にも明らか。昨年のこのレースは、キタサンブラックのレコードの前に12着(唯一の二桁負け)と惨敗を喫しているが、その時とは別馬の如し。完成の域に達し、心技体すべて充実著しい今ならチャンスは限りなく高い。