「おっさんずラブ」第2話で田中圭と林遣都が副音声でドラマを盛り上げる!/(C)テレビ朝日

写真拡大

4月28日(土)に第2話が放送される「おっさんずラブ」で、田中圭と林遣都による副音声企画が決定。田中と林がプライベートでのラブラブエピソードや、衝撃的だったキスシーンの裏話を初披露することが分かった。

【写真を見る】牧から自分への思いを知った春田はどうする…!?/(C)テレビ朝日

同ドラマは、女好きだが全くモテない33歳の主人公・春田創一(田中)が、ピュアすぎる乙女心を隠し持つおっさんヒロイン・黒澤武蔵(吉田鋼太郎)、ルームシェアしているイケメンでドSな後輩・牧凌太(林)の2人から愛の告白をされたことから始まった、おっさんによるピュアなラブストーリー。第1話では、黒澤が真っ赤なバラの花束を手に夜景のきれいな公演で春田に全力で愛を告げたかと思えば、黒澤のもうアプローチに焦った牧がバスルームで春田に気持ちをぶつけるようなキスをしてしまう…という、息つく暇もない展開に度肝抜かれた視聴者も多数いたようだ。

■ ずぶ濡れキスシーンの(秘)エピソードを田中&林が暴露!

そんな牧の衝撃的なキスで幕を下ろした第1話から続く第2話では、物語の展開にも大注目だが、田中と林が副音声で撮影エピソードなどを披露。収録では、まだ取材でも話したことのないキスシーンの(秘)裏話や、乙女な一面を見せる部長を演じる吉田が隙あらば見せる野獣の顔など、さまざまな撮影エピソードを楽しげに披露。さらに、初共演ながらすっかり仲良しな田中と林が距離を縮めたきっかけや、一緒にジムに行ったエピソード、はたまた林がチワワに似てる話(!?)といったプライベートの裏話まで、「本当に付き合っているのかも…?」と思わずにはいられない2人の掛け合いも次々と飛び出しそうだ。

■ 遣都が相手で本当によかったです!

副音声が今回で三度目となる田中は、「副音声は何回やっても慣れない! いやぁ、難しいですね〜! 今回はドラマと全然関係ないエピソードも交えて、話を膨らませたんですけど、さすがに1時間もしゃべり続けると、話がもたなくて…(笑)。少しでも気を抜くと、ドラマに見入っちゃうし、めちゃくちゃ難しかったです!」と振り返り、「前に副音声をやった時はトークのプロであるトレンディエンジェルの斎藤(司)さんがいたので、お任せしていればよかったんですけどね。今回は“何もできない2人がどうしゃべんねん!?”状態(笑)。かろうじて、遣都とは普段から仲がいいので、トークも何とか成立させられたのかなって思います。遣都が相手で本当によかったです!」と、ひと安心したよう。

■ 圭くんにリードしてもらって助かりました

一方、副音声は初挑戦となる林は、「まだドラマ本編を撮影している最中なので、副音声でも役柄や物語を客観的に説明するのは難しくて…(苦笑)。収録の最後に圭くんから“次回放送の第3話の見どころ”を無茶ぶりされた時も、ビックリするほど言葉が出てこなくて! もっと面白いことを言えばよかった…と反省してます(笑)」と、初めての副音声に悪戦苦闘したんだとか。「圭くんは“何もできない2人”と言いましたけど、今回は何もできない1人(=田中)と、特に何もできない1人(=林)! そもそもが低レベルではあるんですけど(笑)、圭くんにリードしてもらって助かりました。これ、圭くんが相手じゃなかったら、ものすごくよそよそしくて、ぎこちない感じになっていたと思います」と、田中への感謝の気持ちも語った。

■ 爪痕を残そうとする春田さんラブな2人の行動が見どころ(笑)

最後に、ますますヒートアップしていく「おっさんずラブ」第2話について、「第2話は、黒澤部長と牧が本格的に動き始める回。それによって春田の中にも気持ちの変化が起こるし、とにかくすべてが見逃せない回です。ここから最終回に向けてどうなっていくのか、僕自身も楽しみです。誰とくっつきたいというような、僕個人の希望はないですね。ただ、どんな形であれ、登場人物全員がハッピーになれたらいいな、と。それが僕の唯一の願いです」(田中)、「第2話では牧の思い切ったアクションや、黒澤部長の隙あらば攻め入る様子など、後ろめたさを感じつつも爪痕を残そうとする春田さんラブな2人の行動が見どころ(笑)。第2話以降、台本を読んでいても『こんなことになる!?』と驚く展開の連続なので、皆さんにもぜひ見続けていただきたいです」(林)と、それぞれ呼びかけた。

■ 第2話(4月28日[土]放送)あらすじ

バスルームで告白してきた同居中の後輩社員・牧凌太(林遣都)に、唇まで奪われた春田創一(田中圭)はすっかり気が動転。ところが翌朝、牧は何事もなかったような顔で、春田に朝食を作り、サラッと出社する。

え? 昨日のは無かったことになってんの!?――春田の混乱は加速する一方で…。その矢先、春田が務める「天空不動産」に、小説家になった地元の後輩・棚橋一紀(渋谷謙人)と陽菜(吉谷彩子)夫婦が来店。春田は張り切って2人の新居探しを担当する。ところが…物件を下見するたび夫婦の意見が衝突! 春田はひたすら夫婦の板挟みとなり、物件探しは難航してしまう…。

そして…よりによって同時期に、世を忍ぶ乙女心を秘めた敏腕部長・黒澤武蔵(吉田鋼太郎)と牧から愛を告白された春田は、プライベートも相変わらず難航…。おっさんとイケメン男子の板挟み状態で、気持ちが乱れっぱなしの春田は思わず、上司の武川政宗(眞島秀和)に友達の話だと誤魔化しつつ、牧とのキスについて相談するのだが…!?

そんな中、黒澤がランチミーティングという名目で、美味でかわいいキャラ弁を作り、春田をランチに誘ってきた! しかも、それを知った牧が呼ばれてもないのに、2人のランチタイムに参上。愛しの春田を取り合い、黒澤とキャットファイト顔負けのケンカを始めてしまう! その頃、結婚30年目にしていきなり黒澤から離婚を切り出された妻・蝶子(大塚寧々)も、原因を激しく暗中模索。不倫が原因に違いないと考えた蝶子は、涼しい顔でズカズカと、武蔵の職場へ乗り込んでいき…!?(ザテレビジョン)