今年の天皇賞・春(4月29日/京都・芝3200m)は”異常事態”となった。

 というのも、過去1年以内に重賞を勝った馬が、17頭中7頭のみ。GI勝ち馬に至っては、シュヴァルグラン(牡6歳)1頭しかいないのだ。春の最強ステイヤー決定戦としては、いささか「物足りない」という声が挙がるのも、納得である。

 だが逆に言えば、そうした状況なら、多少実績の足りない馬でもつけ入る隙が十分にあるということ。さらに、17頭もの出走馬が集まったことを思えば、”紛れ”も大いに考えられる。

 とすれば、「穴党」の出番だろう。ところが、日刊スポーツの木南友輔記者はこう語る。

「正直、どの馬が人気になるのか、読めないところがありますね。おそらくシュヴァルグランが1番人気になると思いますが、それでも圧倒的な支持を得るまではいかないと思います」

 穴党としては「そこが悩ましい」と言って、木南記者が続ける。

「先日、栗東で取材をしたときに、クリンチャー(牡4歳)やガンコ(牡5歳)の感触がよかったんですね。そこで、それらを『人気にならないなら』と(穴候補に)考えていたのですが、2頭とも”穴”というほどのオッズにはなりそうもなくて……」

 また、今年の天皇賞・春に関しては「馬場の傾向がつかみづらい」という話もある。昨秋の大雨の影響により、年明けの1月、2月開催では時計がかかる決着が多かったため、この春も同じ馬場状態にあると想定されていたのだが、開幕週のメインレース、GIIマイラーズC(京都・芝1600m)では、なんとレコードタイムが記録されたのだ。

 この馬場状態を踏まえたうえで、デイリースポーツの大西修平記者は、重賞未勝利ながら実績豊富な馬を推奨する。

「トーセンバジル(牡6歳)です。前走のGII日経賞(3月24日/中山・芝2500m)では5着。良馬場発表でしたが、緩さの残る馬場だったため、本来の力が出せなったと見ています。それに、海外遠征帰りの休み明けで、余裕残しの仕上げだったことも影響したと思います。

 ただその分、全力を出して走り切っていないので、レース後も疲れは見られないですし、馬は非常にフレッシュな状態。ひと叩きしてここへ、というのは陣営が当初から描いていた青写真どおりです」


ひと叩きして上積みが期待できるトーセンバジル

 昨年12月の海外GI香港ヴァーズ(シャティン・芝2400m)では、海外初挑戦ながら3着と健闘したトーセンバジル。ハイランドリール、タリスマニックといった世界レベルの猛者(もさ)に続くレースぶりは光っていた。

 日経賞はそれ以来のレースで、ひと叩きした今回は確かに変わってきそうだ。大西記者が再び語る。

「中間の動きも軽快で、上積みも感じさせます。確実に前走以上の好仕上がりですよ。この馬自身、心肺機能が高く、かかる心配もないだけに、長丁場への適性は高いはず。しかも、鞍上が大一番に強いミルコ・デムーロ騎手というのも魅力です。混戦ムードのここなら、チャンスは十分でしょう」

 トーセンバジルについては、木南記者も気になる存在だと言う。

「昨年は、キタサンブラックが驚異的なレコード(3分12秒5)をマーク。ディープインパクトの時計(3分13秒4)を大幅に更新して、圧巻の勝利を飾りました。

 同レースで8着に敗れたとはいえ、トーセンバジルも例年なら勝ち負けになっている走破時計(3分13秒7)を記録しています。その点が気になりますね。今年もまた、同じ時計で走ることができれば、間違いなくチャンスはありますよ。

 ただし、同馬も絶好調の藤原英昭厩舎+デムーロ騎手という組み合わせ。結構人気になりそうなんですよね……」

 そこで、木南記者は昨年のレースでトーセンバジルに先着したアルバート(牡7歳)をオススメする。

「こちらも、昨年は5着に敗れたものの、例年なら勝ち負けできるタイム(3分13秒3)で走っていますからね」

 アルバートは、これまでにGIIステイヤーズS(中山・芝3600m)で3連覇を遂げるなど、長距離レースの”超スペシャリスト”と言える。しかしながら、天皇賞・春では結果を残せていない。若干GIでは力不足の感はあるが、木南記者がこんな話をしてくれた。

「共同会見では、(アルバートを管理する)堀宣行調教師が『昨年、一昨年以上の着順を狙えるんじゃないか』と、珍しく具体的な話をしました。『昨年以上』ということは、ほぼ馬券圏内。それだけ、デキに関して自信があるということでしょう」

 さらに木南記者は、他にも「怖い1頭がいる」という。

「チェスナットコート(牡4歳)です。ハーツクライ産駒が過去4年連続で2着に来ていますし、鞍上が毎年上位に来る蛯名正義騎手ですから、かなり気になっています。蛯名騎手は『斤量58kgを背負うのがどうか。力試しだね』とチャレンジャーモードですが、一発仕掛けてくる雰囲気がすごく感じられました」

 じわじわと力をつけて、重賞初挑戦だった前走の日経賞でもいきなり2着と好走したチェスナットコート。今の勢いなら、初のGIの舞台でも思わぬ”激走”があっても不思議ではない。

 大西記者ももう1頭、カレンミロティック(せん10歳)の名前を挙げた。

「年齢的に大きな上積みを望むのは酷でしょうが、目立った衰えは感じさせないですし、自分の力は出せる状態にあります。昨年は裂蹄(れってい/蹄壁が割れて亀裂が入ったもの)により、阪神大賞典(阪神・芝3000m)を使えず、天皇賞・春にも出走できませんでした。

 しかし今年は、その阪神大賞典(3月18日)を叩いて本番に臨めるのは好材料。2015年に3着、2016年に2着となったときは、まさにこのローテションでした。ちなみに、阪神大賞典では2015年が4着、2016年が6着。ともに本番では順位を上げています。

 そして、今年は5着でした。好勝負を期待してもよさそうです。2年前にはキタサンブラックと鼻差の接戦を演じた実力馬。得意のレースで再び大駆けがあっても驚けないですよ」

 先日、オーストラリアのGIシドニーカップ(ランドウィック・芝3200m)では、9歳馬のフーショットザバーマンが5度目の挑戦で勝利した。日本でも古豪が力を示すのか、注目である。 メンバー的にはやや寂しい”伝統の一戦”ではあるが、馬券的な妙味は増した。人気が読めない中で高配当をゲットするには、盲点となる”穴馬”を見つけ出せるかどうか。はたしてそれは、この4頭の中にいるのだろうか……。

◆天皇賞・春の穴馬3頭。うち1頭は「くれば蔵が建つ」レベルの破壊力>>

◆キタサンいなけりゃオレの出番。天皇賞・春はシュヴァルグランが主役だ>>