4月29日に行なわれる伝統のGI天皇賞・春(京都・芝3200m)。今年は、古馬中距離路線の主力級がGI大阪杯(4月1日/阪神・芝2000m)を最大目標とし、同レースの上位勢がここに向かってこなかったため、「主役不在」の混戦模様となっている。

 こうなると、期待したくなるのは当然”大荒れ”のシナリオだ。3200mの長距離戦だからこそ、人気の盲点となったステイヤーが距離適性を武器にして大仕事をやってのけてもおかしくない。

 実際、この舞台はそんな大波乱がしばしば起きている。

 2009年には、12番人気のマイネルキッツが金星を挙げた。重賞未勝利だった同馬が長丁場のレースで真価を発揮。単勝配当は4650円もついた。

 さらにすごかったのは、2012年。圧倒的1番人気のオルフェーヴルが11着に沈むなか、14番人気のビートブラックが勝利。その結果、単勝が1万5960円の万馬券となり、2着トーセンジョーダン(3番人気)、3着ウインバリアシオン(2番人気)との3連単に至っては、145万2520円という超高配当となった。

 今年も、そんな波乱の展開を夢見て、この舞台で花開く穴馬を探してみたい。参考にするのは、前述のマイネルキッツとビートブラックだ。

 マイネルキッツは、それまで2000mのGIIIで2度の2着があったものの、重賞勝ちはなかった。そのため、天皇賞・春の前哨戦となるGII日経賞(中山・芝2500m)でも7番人気の低評価だった。

 しかしそこで、その人気に反発して2着と好走すると、続く天皇賞・春でも12番人気の前評判を覆(くつがえ)して、重賞初勝利をGIで決めた。

 日経賞で2着となっても天皇賞・春で人気が上がらなかったのは、メンバーの厚みが増したことがひとつ。もうひとつは、日経賞でさえ人気薄だったため、その結果がフロックと見られてしまったのだろう。

 ちなみに、2014年に12番人気で3着に突っ込んできたホッコーブレーヴも、直前の日経賞で10番人気ながら2着と健闘していた。マイネルキッツと同じパターンだ。

 今回も狙うべきは、この臨戦過程を踏んでいて、しかもいまだ重賞タイトルがなく、人気が上がりにくい馬だ。

 ぴったり当てはまるのが、チェスナットコート(牡4歳)である。


GI初参戦も、勢いあるチェスナットコートは侮れない

 年が明けて、1000万下、1600万下と連勝した同馬は、前走で日経賞(3月24日)に挑戦。初の重賞ということもあって7番人気にとどまったが、重賞戦線で活躍する面々を蹴散らして2着と奮闘した。

 現在の勢いはもちろん、マイネルキッツ同様、距離を伸ばして安定した成績を残しているのはプラス材料。舞台適性も高そうな気配である。

 とはいえ、マイネルキッツがそうだったように、メンバーの厚みがさらに増すGIでは、人気がそこまで上がることはないだろう。であれば今回、マイネルキッツの再現を狙ってみるのも悪くない。

 続いて、2012年の勝ち馬ビートブラック。同馬は2走前のGIIIダイヤモンドS(東京・芝3400m)で6着、前走のGII阪神大賞典(阪神・芝3000m)で10着と惨敗を喫し、この成績から人気が急落していた。

 ただ、好走する材料はあった。もともと3歳時にGI菊花賞(京都・芝3000m)で3着になるなど、長距離戦での好走歴があったのだ。また、前年の天皇賞・春にも参戦し、7着に終わったが、同じ舞台で経験を積んでいた。

 今年、このビートブラックと似たようなタイプの馬がいる。

 トーセンバジル(牡6歳)だ。

 同馬は昨年の阪神大賞典で3着と好走している。GIIの一戦とはいえ、勝ったのはGI連勝中だったサトノダイヤモンド、2着は今回1番人気が濃厚なシュヴァルグランというハイレベルなメンバーだった。その2頭に次ぐ3着であれば、十分な実績と捉えてもいいだろう。

 加えて、同馬は前年の天皇賞・春にも出走。8着に敗れたものの、この舞台を経験しているのは大きい。さらに、昨年は国際GIの香港ヴァース(12月10日/香港・芝2400m)で3着になるなど、地力アップも見られる。

 もちろん、今回の距離延長もプラスに働くと思われるが、前走の日経賞で人気を裏切って(2番人気で5着)、天皇賞・春では人気落ち必至な状況だ。

 まさしくビートブラックに似た境遇にある。一発あっても不思議ではない。

 天皇賞・春の歴史を改めて振り返ってみると、勝ち馬以外にも、2、3着に10番人気以下の伏兵が飛び込んできて波乱となったことは何度となくある。

 2010年には、16番人気のメイショウドンタクが3着と激走。前述した2014年のホッコーブレーヴの例もある。そして、このレース常連のカレンミロティックは、2015年に10番人気で3着、2016年には13番人気で2着となって穴を開けている。

 このうち、メイショウドンタクと2016年のカレンミロティックには類似点がある。3000m以上のレースで実績がありながら、戦績に波があって人気が上がらなかったことだ。

 カレンミロティックは、前年の天皇賞・春で3着に入線し、申し分のない長距離実績があった。しかし、直近のレースではふた桁着順のレースが続いていて、前走の阪神大賞典でも6着と振るわなかった。

 メイショウドンタクは、その年の1月に行なわれたオープン特別・万葉S(京都・芝3000m)で3着に入線していたが、その後は振るわず、2走前の日経賞、前走のオープン特別・大阪-ハンブルクC(阪神・芝2400m)と立て続けに11着と惨敗を喫していた。

 しかしこの舞台においては、戦績に波がある馬でも長距離戦を得意としていれば、ときに大駆けを見せることがよくあるのだ。「主役不在」の今年だからこそ、同様のタイプの馬を思い切って狙ってみてはどうだろうか。

 オススメの”超穴馬”がいる。トミケンスラーヴァ(牡8歳)である。

 昨年10月に1600万下を勝ってオープン入りした同馬は、続く年明けの万葉Sで7番人気ながら快勝。見事に連勝を飾った。

 しかしその後、GIIアメリカジョッキークラブC(1月21日/中山・芝2200m)が8着、阪神大賞典(3月18日)も10着と見せ場も作れずに終わっている。そのため、おそらく無印に近い人気薄となるだろうが、万葉Sの走りから、もしかすると長距離巧者という可能性はある。大金の夢を追うなら、同馬の一発にかけてみるのも面白い。 ゴールデンウィークの初めに行なわれる伝統の一戦。大型連休を贅沢に遊べる”軍資金”をもたらしてくれる馬が、この3頭の中にいるかもしれない。

◆キタサンいなけりゃオレの出番。天皇賞・春はシュヴァルグランが主役だ>>

◆大物オブセッションは「広いコースが好き」。ダービーで真価を発揮か>>