「草間彌生 永遠の南瓜展」祇園京都で開催 - 代表作「南瓜」はじめ123点を展示

写真拡大

「フォーエバー現代美術館 祇園・京都」が、これまでの常設展示室3室と企画展示室1室に加え、新たに2室を拡張して2018年5月3日(木・祝)にグランドオープン。それを記念し、5月3日(木)から2019年2月28日(木)まで「草間彌生 永遠の南瓜展」を開催する。

「草間彌生 永遠の南瓜展」では、タイトルにある通り、草間彌生の代表的なモチーフの一つとして知られる「南瓜」にフォーカスし、その作品世界を中心に123点を紹介。特に、南瓜をモチーフにした作品は油彩、版画、立体インスタレーション作品など多岐にわたり35点を展示する。

屋外に展示された巨大なパブリックアートの「南瓜」、形、色、サイズが様々な版画作品の南瓜、ミラールームの中で増殖を繰り返す「宇宙にとどけ、水玉かぼちゃ」など、どれ一つとして同じではない南瓜の世界を楽しむことができる。

また、ほか2つの企画展示室では、花の間、富士の間として、それぞれの展示室名にちなんだ作品で構成。花の間では、花をモチーフにした47点の作品群を、富士の間では、草間彌生が浮世絵師とコラボレーションして制作した「七色の富士」の作品シリーズ全9点を公開する。

一方で、常設展示室では、1950年に制作された貴重な初期作から1963年の「無限の網」、1992年の作家の代表作「黄樹」など28点の作品展示により、草間彌生の初期から2000年代までの作家活動を追う。

【詳細】
フォーエバー現代美術館コレクション 草間彌生 永遠の南瓜展
Yayoi Kusama Pumpkin Forever
会期:2018年5月3日(木)〜2019年2月28日(木)
住所:京都府京都市東山区祇園町南側570-2 フォーエバー現代美術館 祇園・京都
開館時間:10:00〜18:00(入館は17:30まで)
休館日:年末年始
観覧料:一般 1,500円、中高生 1,000円、小学生以下無料voice


[写真付きで読む]「草間彌生 永遠の南瓜展」祇園京都で開催 - 代表作「南瓜」はじめ123点を展示

外部サイト

  • 「六本木アートナイト2018」メインアーティストに金氏徹平、鬼頭健吾、宇治野宗輝
  • 特別展「草間彌生 ALL ABOUT MY LOVE 私の愛のすべて」長野・松本市美術館で
  • ちひろ美術館「Life展」開催、いわさきちひろ×大巻伸嗣のコラボ「まなざしのゆくえ」など