音楽・農家・プロレスの三分野で闘う、ノリ・ダ・ファンキーシビレサス (『ローカルプロレスラー図鑑+2016』より)

写真拡大

 日本各地で活動するローカルプロレス団体は、団体といってもその形は様々だ。株式会社や合同会社などの法人、中心選手による個人事業として運営されている団体もある。

 今回はそのどれでもない、商店街が運営するプロレス団体「今池プロレス」を紹介しよう。

 最初に大会を開催したのは2009年5月。名古屋市の今池商店街連合会の若手有志が中心となり、地域活性化を目的に開催された。日本ローカルプロレスの開祖ともいえるザ・グレート・サスケをゲストに招いた興行は成功を収め、翌2010年からは団体として活動を開始した。

 中心選手は「nobodyknows+」のMCとして紅白歌合戦への出場経験をもち、さらに農家としても活動しているノリ・ダ・ファンキーシビレサスや、ふだんは老舗焼き鳥店を営むマグナム今池らだ。

 参考記事:『紅白出場、プロレスラー、農家。究極の兼業レスラー、その名もnobodyknows+のノリ!』

 スポーツ選手が企業からスポンサードを受けることは珍しいことではないが、今池プロレスの場合はスポンサーに合わせて選手が生み出されているのが特徴だ。

 たとえば「ドラゴンズマスク」は中日ファンが集う中華料理店から、「ミソトン・チャンマン」は名古屋のソウルフード・味噌とんちゃんを看板メニューにする居酒屋のスポンサードレスラーだ。各店から受けた資金をもとにコスチュームやマスクを作っているのだ。

 近年人気が高まっているのが「グランパスマスク」だ。その名の通り、名古屋グランパスを意識したコスチュームの選手だが、公認を受けているわけではない“黙認”レスラーだ。

 普通に考えればクレームを受けてもおかしくないが、今池商店街連合会がグランパスのサポートタウンであることや、非営利での慰問・奉仕活動を地道に続けていたことが評価され、昨年7月豊田スタジアムでのグランパスファンイベントに公式プログラムとして参加。スタジアム入口前に組まれた特設リングで試合をおこなった。

◆お手製紙芝居で選手紹介!

 今年2月25日に開催された大会では、メインイベントにノリのタイトルマッチが組まれた。対戦相手の伊東優作は愛知県刈谷市の団体「DEP」所属選手だが、ふだんは今池に焼き鳥屋の店長として根を下ろしている。

 大物ゲスト選手に頼らず、地元選手の闘いで観客を満足させる、地産地消のプロレスだ。

 プロレスは何も知らずに観戦しても面白いが、背景を知るともっと楽しめる。そのためメジャー団体では「煽りV(映像)」を用いて、選手の関係性や試合の意味などを観客に伝えている。

 今池プロレスは映像ではなく「煽り“紙芝居”」を作っている。画用紙に手描きされたイラストをスクリーンに映し、リングアナウンサーのKOI(こい)氏が闘いまでのいきさつを語る。

 しかもこの紙芝居はKOI氏の夫人が描いたもの。ちなみにノリvs伊東が決まったのは大会前日だったため、夫人は夜なべをして制作したとのことだ。

 今池プロレスは現在年1〜2度の有料興行と、9月の「今池まつり」でのイベントプロレスを開催している。今池まつりでは交差点のド真ん中にリングを組み、スタンディングながら無料観戦できる。機会があれば「プロレスも売っている商店街」へ足を運んでほしい。

【たこ焼きマシン】
名古屋在住のローカルプロレス探求家。ローカルプロレスファンサイトたこ焼きマシン.com、スーパーたこ焼きマシン.comを運営。北海道から沖縄、台湾まで未知のプロレスを求め観戦に遠征する。ご当地プロレスラーガイドブック『ローカルプロレスラー図鑑』をクラウドファンディングで発行。オンラインストア。元・小中学校教員、障害者職業能力開発校講師。夢は世界中すべてのご当地プロレスを観戦しての『ワールドローカルプロレスラー図鑑』制作。