「TOKIO」の山口達也容疑者(46)の強制わいせつ行為の様子が明らかになってきた。サンスポが報じた捜査関係者の話によると、被害者の女子高生は山口から迫られたためにトイレに逃げ込み、携帯電話で母親に連絡。駆け付けた母親が娘たちを連れ出し、警視庁麻布署に被害届を出したという。

山口は当初、「覚えていない」と否認していたが、その後、容疑を大筋で認めた。

テレビCMの違約金3億円

山口は東京五輪・パラリンピックを盛り上げる「フラッグツアー」のスペシャルアンバサダーを務めたり、フマキラーやヤマト運輸、スズキ、福島県とCM契約しており、広告業界の関係者は「CMからの『TOKIO』の降板は避けられない。違約金は約3億円に上る」と見ている。

「モーニングショー」はTOKIOの他のメンバーに遠慮したのか、司会の羽鳥慎一は「驚きとともに大変残念だと思います」とさらりと流し、コメンテーターからの発言はなかった。