今週末29日、京都競馬場では4歳以上によるGI天皇賞・春(芝3200m)が行なわれる。JRAで行なわれるGIでは最長距離で、最強ステイヤー(長距離馬)決定戦と位置づけられるレースである。

 一昨年、昨年と連覇したキタサンブラックは昨年いっぱいで引退し、昨年のGI菊花賞(京都・芝3000m)を勝ったキセキも出走しないが、昨年のGIジャパンC(11月26日/東京・芝2400m)でGI日本ダービー馬レイデオロと前述のキタサンブラックを破ったシュヴァルグラン(牡6歳/友道康夫厩舎)が出走してくる。唯一のGI馬でもあり、同馬が最大の注目馬となるだろう。


昨年のジャパンCを制したシュヴァルグラン。今回はその時と同じ、ボウマン騎手が手綱を取る

 同馬はこのレース、3年連続の出走となる。一昨年はキタサンブラック、カレンミロティックに続く、勝ち馬から0秒2差の3着、昨年はキタサンブラックから0秒2差の2着だった。ここまで勝利した重賞は3勝で、ジャパンCの他には2016年GII阪神大賞典(阪神・芝3000m)、2016年GIIアルゼンチン共和国杯(東京・芝2500m)と、全て2400m以上というステイヤーだ。

 中でも3000m以上の距離では4戦して1勝、2着2回、3着1回と安定して結果を残している。前走のGI大阪杯(4月1日/阪神・芝2000m)は13着と大敗したが、中距離戦のスローペースでの瞬発力勝負という、この馬向きではない展開になってしまったので、度外視していいだろう。

 父ハーツクライは現役時代、この天皇賞・春(2005年)では5着(8番人気)と敗れているが、産駒は好成績で、勝ち馬こそ出していないものの、2014年ウインバリアシオン、2015年フェイムゲーム、2016年カレンミロティック、2017年シュヴァルグランと最近4年連続で2着に入り、3着も2015年カレンミロティック、2016年シュヴァルグランの2回ある。シュヴァルグランは3着→2着と来ているので、今回は1着をとりたいところだ。今回はジャパンCを勝ったときのボウマン騎手に戻るので、相性の良い鞍上面の強化も大きい。

 シュヴァルグランに続く馬としては、前走のGII阪神大賞典(3月18日/阪神・芝3000m)で2年ぶりの重賞制覇を果たしたレインボーライン(牡5歳/浅見秀一厩舎)を取り上げたい。前回の重賞勝ちは芝1600mのGIIIアーリントンCで、これまでGINHKマイルC(東京・芝1600m)3着、GI菊花賞(京都・芝3000m)2着、GI天皇賞・秋(東京・芝2000m)3着と、さまざまな距離のGIで好走を見せているユーティリティープレーヤーである。昨年のこのレースは12着に敗れているが、出遅れて流れに乗れなかった。前走で重賞勝ちを果たした充実ぶりがうかがえる今年は、好走必至だろう。

 レインボーラインは何より血統面の魅力が大きい。父ステイゴールドの産駒は2013、14年フェノーメノ、2015年ゴールドシップで3勝。天皇賞・春3勝はサンデーサイレンスの4勝に次ぎ、オペラハウスと並ぶ歴代2位の勝利数である。

 さらに母の父フレンチデピュティは2008年の勝ち馬アドマイヤジュピタの父。祖母の父レインボーアンバーの父アンバーシャダイは1983年の勝ち馬で、1998年勝ち馬メジロブライト(父メジロライアン)の父系祖父。さらに曽祖母の父ファーストファミリーは1981年の勝ち馬ホウヨウボーイの父である。5代血統表内には、天皇賞と相性の良い血が凝縮されているのだ。まさにこの舞台にピッタリの血統馬と言えるだろう。

 もう1頭挙げるとすれば、アルバート(牡7歳/堀宣行厩舎)だ。同馬はこれまでGIIステイヤーズS(中山・芝3600m)を3連覇し、GIIIダイヤモンドS(東京・芝3400m)も勝って3000m以上の重賞4勝という現役屈指のステイヤー。

 天皇賞・春では一昨年6着、昨年5着と馬券には絡めていないが、0秒5差、0秒8差と大きくは負けておらず、今年のメンバーなら十分勝負になるだろう。

 父アドマイヤドンはGI朝日杯フューチュリティS(中山・芝1600m)の勝ち馬で、ダートGIも6勝という万能タイプ。種牡馬としては本馬の他にもGII日経賞(中山・芝2500m)など重賞2勝を挙げ、昨年の天皇賞・春4着に入ったアドマイヤデウスなどを出している。母の父ダンスインザダークは1996年の菊花賞馬で、父としても2006年豪GIメルボルンC(芝3200m)を勝ったデルタブルースなどを出すステイヤー種牡馬だ。長距離戦は経験がものを言うケースも多く、今年こそ3度目の正直といきたいところだ。

◆大物オブセッションは「広いコースが好き」。ダービーで真価を発揮か>>

◆安藤勝己は「あの馬」を切った。ダービーを読む「3歳牡馬番付」>>