北極の海氷にマイクロプラスチックが蓄積「重大な水質汚染源」になる恐れ

ざっくり言うと

  • 24日、北極海に浮かぶマイクロプラスチックに関する研究結果が発表された
  • ドイツの研究チームは、海氷中に「憂慮すべきほど」蓄積していると警告
  • 地球温暖化で海氷の融解が進むと重大な水質汚染源となる可能性があるという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング