英王室・ウイリアム王子(35)のキャサリン妃(36)がきのう23日(2018年4月)、第3子となる男の子を出産した。王子は3800グラムで母子ともに健康。王位継承5位となる。夫妻は出産の7時間後、赤ちゃんを抱いて病院の入り口に現れ、そのまま退院した。いつものことながら、イギリス式は面白い。

出産の知らせは、日本時間の昨日午後7時頃だったが、セントメアリーズ病院の前には大勢の報道陣と国民が集まり、英国国旗をあしらった衣装でシャンパンを抜いたりする大騒ぎ。中には2週間も前から泊まり込んだ人も。

関心は名前だが、賭けのトップは「アーサー」

ウイリアム王子は5時間後に車で病院を後にしたが、間もなく自分の車で戻ってきて、ジョージ王子(4)、シャーロット王女(2)の手を引いて病院内へ。初の弟との対面だ。さらに2時間後(日本時間の今日午前2時)、キャサリン妃が新生の王子を抱いて現れ、初の一般へのお披露目。

産着に包まれ、顔はよく見えないが、指が動いているのをカメラが捉えていた。2人はウイリアム王子が運転する車で、ケンジントン宮殿に帰った。

ジョージ王子の時は27時間後、前回シャーロット王女の時は10時間後だったが、今回は7時間後と、だんだん早くなる。イギリスでは、その日に退院というのは珍しくないが、入院費が高いからという説もある。ま、王室には関係なさそうだが......。

さて、次の関心は名前になるが、今のところ、ブックメーカーの賭けのトップは「アーサー」、次いで「ジェームズ」「アルバート」「フィリップ」の順だという。慣例では、出産から2日後に発表される。

英王室は、ヘンリー王子(33)がアメリカ人女優のメーガン・マークルさん(36)と5月19日に結婚予定で、おめでたが続く。

退院の時のキャサリン妃は、白い縁取りのついた赤のシンプルなワンピースだった。赤と白についてロバート・キャンベルがうんちく。

「23日は聖ジョージの日。イギリスの守護神で、英国国旗の色の元になっている。特別な日に埋められ、それでまた大いに盛り上がる」

下川美奈「ダイアナ妃が、第2子のヘンリー王子を出産した時も赤いワンピースに白い縁取りでした」

名前については、キャンベルが、「ジョージ6世(エリザベス女王の父)のフルネームが、アルバート・フレデリック・アーサー・ジョージ(笑)。ジョージはすでに使っているから、どれかを継承することになる」という。

この辺りになると、庶民にはとてもついていけない。