ジェームズ・キャメロン、マーベル作品にうんざり

写真拡大

ジェームズ・キャメロン(63歳)が、マーベル作品に辟易しているようだ。キャメロンは、何度も同じような映画を観るのにうんざりしているとして、人々が「アベンジャーズ疲れ」を起こすことを望んでいると語った。

キャメロンは、米AMCのドキュメンタリー番組「AMCヴィジョナリーズ:ジェームズ・キャメロンズ・ストーリー・オブ・サイエンス・フィクション」のプレスイベントで 、「皆がアベンジャーズ疲れを起こして欲しい。別に、私はこの映画が嫌いなわけではない。しかし生殖機能も減退し家族もいないような男たちが2時間もの間、命知らずの行動をしたり、途中で街を破壊するような話の他にも伝えるべきことがあるよ」と語った。

また、「アバター」続編の話題に移ると、キャメロンは、前作と異なり家族の物語になるとして、「もし『アバター』が家族ドラマだったら、『ゴッドファーザー』みたいな物語だとしたらどんな風になるだろうって考え始めたところ、自分が5人の子供の父親なんだと気づいた。全く異なるジャンルなことは明らかだけど、そのアイデアに興味をそそられたんだ。だから、そいういうストーリーになるよ。ある世代間の家族の物語にね」と明かした。

さらに、キャメロンは、あらすじについてもこう漏らしていた。

「今のところ、設定は同じで、新作の衝撃についても(前作と)同じくらい配慮している。誰も観たことも想像したことさえもないものを見せたいからね。批判もされるだろうけど、ストーリーはかなり違うんだ」
「キャラクターは同じだよ。でも彼らが引き続き命知らずなことをしようとしたり、崖からトゥルークの背中に飛び移ったりしていたらどうなる? それとも、彼らが成長して子供を持つようになったら? それはとても違う物語になるよ。今って、子供たちは危険を冒し、変革をもたらす者となっている。だから、面白いけど、納得だね。誰もが親になるか、少なくとも両親がいたわけだけど、最近の大ヒットシリーズにはそういった話題が全然見当たらないね」