破天荒なドラマ「会社は学校じゃねぇんだよ」が始まった/(C)AbemaTV

写真拡大

AbemaTV開局2周年を記念して制作された、完全オリジナル連続ドラマ「会社は学校じゃねぇんだよ」の第1話が、4月21日に放送。痛快な内容に「スッキリした!」など、若い世代を中心に反響を呼んでいる。

【写真を見る】先輩の胸ぐらをつかみ、今にも殴りかからんとする三浦翔平/(C)AbemaTV

本作は三浦翔平演じる主人公・藤村鉄平が、渋谷のギャル男からベンチャーに入社するも、憧れの社長から裏切られ、自ら仲間たちと起業することになるというサクセスストーリー。

“夢・恋愛・金・友情”をテーマに、立ちはだかる壁や信じていた人からの裏切りなど、毎話鉄平らが翻弄(ほんろう)されながらも「会社は学校じゃねぇんだよ」と決めぜりふをはきながら前に進んでいく。

第1話では渋谷のギャル男の代表だった主人公・鉄平(三浦)が、ビットバレーエージェントへ入社したところから物語は始まる。

しかし入社した鉄平を待っていたのは、学生社長としての広報的活動と、退屈な雑務だった。

代理店社長の息子で縁故入社していた先輩社員・山野(篠原篤)の理不尽な要求に耐えられなくなった鉄平が、山野に対して「会社は学校じゃねぇんだよ!!」と激しくキレるシーンでは、視聴者から「うちの会社にもこういう先輩いるからめっちゃスッキリした!!」「こんな人会社にほしい!」と共感のコメントが相次いだ。

多くのコメントがSNS上に寄せられたことから、Twitterのトレンドにランクイン、ザテレビジョンが発表した4月21日付の視聴熱デイリーランキングでも地上波の連ドラに混じって5位にランクインする健闘を見せ、好発進を決めた。

ドラマ本編終了後には、主演の三浦や早乙女太一、AAA・宇野実彩子、松岡広大、柄本時生が登場し、放送中に寄せられた視聴者からのコメントなどについてトークを展開。

リクエストのあった、宇野が劇中に放つ「やばくない?」というせりふもスタジオで生披露するなど、大いに盛り上がりを見せた。

また「モノマネして!」というリクエストに対しては、三浦がさまざまな人になりきってモノマネで「会社は学校じゃねぇんだよ!」を披露し、スタジオは爆笑に包まれた。

そして第2話の見どころについて、三浦は「パスタですね! 次週も気になる展開になっているので、ぜひ見てください!」と意味深なキーワードを残し、番組は終了した。

■ 4月28日(土)第2話あらすじ

共に会社を辞めた火高(早乙女)と起業の準備をする鉄平。そこにインターンを辞めてきた翔太(松岡)も加わる。手持ちの資金500万は渋谷に借りたオフィス代で一気に飛んだ。

インフルエンサー事業を成功させるには3000万円の資金が必要になると火高。

資金調達のためベンチャーキャピタル交流会に参加するも振るわず、エレベーターピッチで巨額の投資をしたというモバラボテックの金木社長に会いに行くことに。

わずか25秒のプレゼンは成功、金木からの投資を取り付ける。だが後日、出資の件はなしにしてくれと金木から連絡が入り、慌てて金木のオフィスに行くと、そこには意外な人物が!

最後の望みを懸け、鉄平たちは有名投資家が集まるシャンパンバーに向かうのだが…。(ザテレビジョン)