2018年クラシック候補たち
第12回:オブセッション

 7番人気のエポカドーロが勝利して、波乱の結末となったGI皐月賞(4月15日/中山・芝2000m)。1番人気のワグネリアンは7着に沈み、他の人気馬も優勝争いに加わるまでには至らなかった。

 この結果から、牡馬クラシックの二冠目となるGI日本ダービー(5月27日/東京・芝2400m)の行方も混沌としてきた。皐月賞を回避した2歳王者ダノンプレミアムが復帰するとはいえ、同馬も一頓挫あったことを思えば、絶対視はできない。

 また、皐月賞出走が叶わなかった馬たちの中にも、ダービーでの躍進を狙う馬が数多くいる。今年の競馬界最高峰の舞台は、まさに激戦必至の様相だ。

 そうした状況のなか、トライアルからダービー出走を目指す馬で面白い存在となりそうなのが、美浦トレセン(茨城県)の藤沢和雄厩舎に所属するオブセッション(牡3歳/父ディープインパクト)だ。

 デビューは、昨年10月の2歳新馬(10月21日/東京・芝2000m)。重馬場という悪条件にあっても、2着馬との叩き合いを制して勝利を収めた。

 そして、この馬の注目度が一気に上がったのは、2戦目のシクラメン賞(12月2日/阪神・芝1800m)。7頭立ての6番手という後方待機でレースを進めて直線に入ると、大外から一気の差し切り勝ちを決めた。上がり33秒5という豪快な末脚を披露し、2着に4馬身差をつける圧巻の内容だった。

 勝ちタイムの1分45秒6も、この時期としては破格。ちなみに、およそ3カ月半後に同じ舞台で行なわれたGIII毎日杯(3月24日)の勝ちタイムは1分46秒5だった(勝ち馬ブラストワンピース)。それとの比較から、馬場条件やレース展開に違いはあるにしても、オブセッションがマークした時計がいかに速いかがよくわかる。



ダービーの出走権獲得へ、青葉賞に挑むオブセッション

 このレースぶりから、当然皐月賞での活躍も期待された。しかし、出走をかけて挑んだGII弥生賞(3月4日/中山・芝2000m)で、なんと4コーナーで大きく蛇行して7着惨敗。賞金加算どころか、本番への出走権(3着以内)も得られず、一冠目の出走は諦めざるを得なくなった。

 その後、目標をダービーに切り替えて、4月28日に行なわれるGII青葉賞(東京・芝2400m)に参戦する。そこで、クラシックへの挑戦権を手に入れて、本番での上位争いも虎視眈々と狙っている。

 とはいえ、弥生賞で見せた”逸走”と大敗ぶりが、やはり気になる。これについて、陣営はどう見ているのか。関東競馬専門紙のトラックマンがその様子を伝える。

「弥生賞の4コーナーで見せた逸走について、鞍上のクリストフ・ルメール騎手は『(4コーナーの奥にある)待機所のほうへ行こうとした』と言っていました。陣営としてはその要因も含めて、これまで広いコースばかり走ってきて、初めて中山のタイトなコーナーを味わったこと、さらに、まだ本格化前で馬体が緩く、タイトなコーナーで加速させようとしたら馬が耐えられなくなったこと、などなど『複合的な要素が重なって、あの形になった』と分析しています。

 レース中に舌を出したりして、かなり幼い面もあるようです。ただ、2戦目までは広いコースで問題なく走っているので、『東京競馬場なら、再びチャンスはある』とスタッフは巻き返しへの自信を見せています」

 スタッフに限らず、ルメール騎手もオブセッションに対する期待は大きいという。それは、同騎手の動向からもうかがえる。先述のトラックマンがその事情を明かす。

「ルメール騎手は、皐月賞で4着となって、すでにダービー出走を決めているステルヴィオともコンビを組んでいます。しかしながら、ダービーで同馬の鞍上を務める騎手はまだ発表されていません。

 ルメール騎手はオブセッションの能力を相当高く買っているので、もしかすると、この馬でダービーに参戦するケースも考えているかもしれませんね」

 ダービー出走のためには、まずは青葉賞で出走権(2着以内)を得ることが絶対条件となるが、そこで圧倒的なレースぶりを見せれば、トップジョッキーとのコンビで本番に向かう可能性は大いにあるだろう。 弥生賞での挫折を経て、再びクラシックを目指すオブセッション。世代の頂点を決めるひのき舞台へ向けて、そのポテンシャルを今度こそ存分に発揮できるのか。改めて、この馬の走りに注目したい。

◆マイラーズCで「GI6連戦の資金をくれる親切な2頭」が見つかった>>

◆フローラSから「オークスでアッと言わせる馬」はいるか、いないか>>