藤川京子

写真拡大

 昨年は、前走中山牝馬ステークス組が馬券を独占しました。これは無視は出来ないと思います。そうなると中山牝馬1着のカワキタエンカが目に留まりますが、この馬は前でレースをします。昨年のこのレースは末脚勝負の馬達が馬券に絡みました。その展開だと前走中山牝馬S3着の末脚勝負のレイホーロマンスも良さそうですが、斤量が2kg増えて心配もありますがこの条件でも馬券に絡んだ馬は多いです。

 逆に斤量が2kg軽くなる中山牝馬S4着のトーセンビクトリーは条件は良くなります。それとひょっこり本線とは違う馬が馬券に絡む事もあるので、探してみるとベアインマインドがまた調子を上げて来たようです。近走は絶不調でしたので、前走は11番人気のからの1着。2、3戦なら好調を維持できるかもしれないので、この勢いなら前残りもあるかもしれません。

 それと同じく絶不調だったサルサディオーネはダートを中心に走って来た馬ですが、前走は川崎ダートG2でいきなりの3着。元々は芝だったようですが、ダートの方が成績が良いのでダートが中心となったようですが、好調の兆しが見えて来た今ならもう一度だけ芝で走らせてみたいのかもしれません。

 走破タイムが遅くなれば、前残りも微かに可能性はあると思います。2頭は人気馬でも最後の1頭は穴を狙います。4カワキタエンカ、5トーセンビクトリー、2ベアインマインド、1サルサディオーネのワイドBOX