約2万7000年前に生きていた日本人の顔を再現 彫りが深く額は広め

ざっくり言うと

  • 石垣島で発掘された約2万7000年前の人骨から、生前の顔が復元された
  • 彫りが深く広い額が特徴で、当時のベトナムなどの人々と顔立ちが近いという
  • 20日から東京・上野公園の国立科学博物館で展示されている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x