香取慎吾×稲垣吾郎×草剛出演、映画『クソ野郎と美しき世界』の続編製作が決定

写真拡大

2018年4月に公開された、香取慎吾、稲垣吾郎、草剛の「新しい地図」によるオムニバスムービー『クソ野郎と美しき世界』。公開後、大ヒットを記録し、早くも続編の製作が決定した。

第1弾の『クソ野郎と美しき世界』では、4つのエピソードを4人の監督が演出するオムニバスムービーとして公開された。稲垣吾郎出演映画は『ピアニストを撃つな!』。『愛のむきだし』でベルリン国際映画賞にて国際批評家連盟賞を受賞し映画界の寵児となった園子温とタッグを組んだ。また、香取慎吾が出演する『慎吾ちゃんと歌喰いの巻』は山内ケンジが担当。そして『光へ、航る』には草剛が出演し、お笑いタレント、漫才師、作詞家、文筆家として活躍する爆笑問題の太田光が監督を務めた。

なお、現在作品のストーリーなど詳細は未定。続報に期待したい。


[写真付きで読む]香取慎吾×稲垣吾郎×草剛出演、映画『クソ野郎と美しき世界』の続編製作が決定

外部サイト

  • 映画『検察側の罪人』木村拓哉×二宮和也が正義をかけて対立する検事に、監督は原田眞人
  • 映画『焼肉ドラゴン』真木よう子、大泉洋らが伝説の舞台を映画化 - 時代に翻弄された一家描く
  • 映画『クソ野郎と美しき世界』香取慎吾×稲垣吾郎×草剛の「新しい地図」によるオムニバス作品