©2018 Disney

写真拡大

ディズニーによる「くまのプーさん」実写版の邦題が『プーと大人になった僕』に決定。日本公開が2018年9月14日(金)となりました。

【動画】ディズニー実写版『プーと大人になった僕』日本版特報

プーが大人になったクリストファー・ロビンと再会!

ディズニーアニメーションとして長年親しまれている「くまのプーさん」が初の完全実写映画化。

邦題が『プーと大人になった僕』に決定しました(原題『Christopher Robin』)。

日本公開が2018年9月14日(金)に決まり、日本版特報も公開されました。

特報は「クマのプーさん」原作風のイラストから始まります。

プーがハチミツをとるためにクリストファー・ロビンから風船を借りるシーンのようなイラスト。

「子供の頃の宝物を、どうして大人は忘れてしまうのだろう。どうして僕は君を忘れてしまったのだろう──」

そこからプーの姿が消えていきます…。

舞台はクリストファー・ロビンが大人になって働くロンドンの街。

仕事に追われる彼は公園のベンチで頭を悩ませています。

そこに現れたのは、100エーカーの森を飛び出してロンドンまでやってきたプー!

プーとクリストファー・ロビンの新たな冒険を予感させる特報です。

プー初の完全実写映画化!

ディズニープーの始まりは1966年の『プーさんとはちみつ』。

50年以上、長編や短編、手描きからCGまで様々な形で「くまのプーさん」は描かれてきました。

実写もTVシリーズでは用いられていますが、映画として全編が実写化されるのは初。

今作は『美女と野獣』のようにアニメーション版をなるべくそのまま実写化するという手法ではなく、オリジナルのストーリーでアニメーション版の“その後”を描きます。

原題が「Chrisotpher Robin」であるように、物語の主題を大人になったクリストファー・ロビンに設定。

クリストファー・ロビンが暮らすロンドンという実社会に、プーが100エーカーの森を飛び出してやってきます。

なぜ実写化?

実は「くまのプーさん」長編映画にも実写シーンは存在します。

『くまのプーさん/完全保存版』から『ティガームービー』そして2011年の『くまのプーさん』まで、プー長編のオープニングはクリストファー・ロビンの子供部屋から始まることが多いです。

子供部屋を実写で描き、そこに置いてある「くまのプーさん」の本に観客が飛び込むことで100エーカーの森に入れるわけです。

一方、今作『プーと大人になった僕』では、プーが映画では初めてロンドンへとやって来ます。

私たちが二次元の世界に飛び込んでいるからプーは2Dアニメーションなのであって、私たちの世界にあるロンドンにプーが飛び出してくれば、実写で描かれるのは当然なのです。

実写版プー可愛さの秘訣

日本版特報のオープニングが原作風のイラストだった通り、ディズニープーを語る上でもA.A.ミルンの原作「クマのプーさん」の存在は欠かせません。

原作者A.A.ミルンの息子がクリストファー・ロビン・ミルン。

彼が1歳の誕生日にもらったテディベアがウィニー・ザ・プー、つまり「クマのプーさん」でした。

今作『プーと大人になった僕』では、プーを実際のテディベア風に再現。

ディズニーアニメーションの黄色くて丸っこい姿よりも、よりクリストファー・ミルンが実際に持っていたテディベアのプーに近くなりました。

子どもたちの“最初の友達”になるテディベア。

その姿がしっかり描かれ、彼とスクリーンで再会することで、子ども時代の懐かしい思い出が観客にも蘇ってくることでしょう。

観客ひとりひとりにとっての「プーと大人になった僕」が届けられていきます。

『プーと大人になった僕』
2018年9月14日(金)日本公開