体温で発電する充電不要のスマートウォッチが日本でも購入可能に! 次期モデルは5月以降の発売

写真拡大

ソフトバンク コマース&サービスは12日、同社が運営するIoT商品の企画/購入ができるサイト「+Style(プラススタイル)」において、体温で発電する機能を搭載するMatrix Industries製のスマートウォッチ「MATRIX PowerWatch(マトリックス パワーウォッチ)」の販売を開始した。

「MATRIX PowerWatch」は、独自の熱発電技術により、体温と外気温との温度差で本体駆動に必要な電力を作り出すスマートウォッチ。
・発電
・逐電(ちくでん)
の両方ができるため、従来のスマートウォッチのように充電の必要がないのだ。

「MATRIX PowerWatch」は、
・カロリー消費量計測
・歩数計
・睡眠量計
を搭載しており、スマートフォンと連携して管理することもできる。

本体は5気圧(50m)防水性能を備えている。
ラインアップは、
・Silver…3万5,424円(税込み)
・BLACK OPS PACK…4万824円(税込み)
の2種類。
日本語に対応しており、同梱品には日本語説明書も付属する。

同製品は初代モデルであり、次期モデル「MATRIX PowerWatch X」は、5月以降に同サイトで発売するという。
「MATRIX PowerWatch X」は、スマートフォンからの通知を受けることが可能な機能に対応する。

「MATRIX PowerWatch」「MATRIX PowerWatch X」のいずれも、AndroidおよびiOSとの同期に対応している。

なお、同製品を紹介する動画では、地球上の膨大なエネルギーが無駄に失われ、環境にも影響していることを訴えている。
そうした背景から、体温で発電する熱発電技術を開発したという。


2106bpm