映画『響 -HIBIKI-』欅坂46・平手友梨奈、天才女子高生小説家役で映画初出演&主演

写真拡大

映画『響 -HIBIKI-』が、2018年9月14日(金)より全国の劇場で公開される。

原作は、2014年の連載開始と同時に人気が爆発し、「マンガ大賞2017」の大賞を受賞した、柳本光晴の漫画作品『響〜小説家になる方法〜』。圧倒的な文才を持った現役女子高生小説家の鮎喰響を主人公に、彼女の才能と破天荒な性格が巻き起こす様々な出来事を通して、彼女自身とその周りを取り巻く人々の成長を描いた作品だ。

平手友梨奈が響役で映画初出演&主演

主人公である15歳の天才女子高生小説家・鮎喰響を演じるのは、欅坂46の不動のセンターとして活躍する平手友梨奈。

映画初出演にして初主演となる本作で演じるのは、圧倒的な文才と、自分の信念に正直で破天荒な性格を持ち合わせる気難しい役柄。低迷する文学界に革命を起こす力を持ちながらも、常識をぶち壊していく“普通じゃない”少女を平手がどのように演じるのか、注目が集まる。

編集者・花井ふみ役に北川景子、文芸部部長・祖父江凛夏役にアヤカ・ウィルソン

また、響に才能を見出す若手女性編集者・花井ふみ役には北川景子、響が入部した文芸部の部長・祖父江凛夏役にアヤカ・ウィルソンが決定。さらに、凛夏の父であり、ヒット作を次々に生み出す人気作家の祖父江秋人役を吉田栄作が演じる他、北村有起哉、高嶋政伸、柳楽優弥、野間口徹、小松和重、黒田大輔、板垣瑞生ら実力派俳優陣が脇を固め、響を中心に描かれる人間ドラマを彩る。

また、『銀魂2 掟は破るためにこそある』にも出演している小栗旬が芥川賞を目指す小説家・山本春平役を務める。主演の平手友梨奈とは初共演、月川翔監督とは『君の膵臓をたべたい』以来の強力なタッグとなる。

監督を務めるのは、2017年に興収35.2億円のヒットを記録した『君の膵臓をたべたい』の月川翔。また、脚本を、連続テレビ小説「とと姉ちゃん」や映画『信長協奏曲』、テレビアニメ「TIGER&BUNNY」などを手がけている西田征史が担当する。

平手友梨奈が原作表紙を完全再現

原作の、第1集〜第5集までの表紙を主人公・鮎喰響役を演じる平手友梨奈が完全再現。原作の世界観に共感した平手自身の発案により、鮎喰響と平手が完全にシンクロしたビジュアルが実現した。

あらすじ

スマートフォン・SNSの普及により、活字離れは急速に進み、出版不況の文学界。そこに現れた一人の天才少女、彼女の名は『響』(平手友梨奈)。15歳の彼女の小説は、圧倒的かつ絶対的な才能を感じさせるもので、文学の世界に革命を起こす力を持っていた。文芸誌「木蓮」編集者の花井ふみ(北川景子)との出会いを経て、響は一躍世の脚光を浴びることとなる。

しかし、響は、普通じゃない。彼女は自分の信じる生き方を絶対曲げない。世間の常識と慣習に囚われた、建前をかざして生きる人々の誤魔化しを許すことができない。響がとる行動は、過去の栄光にすがる有名作家、スクープの欲だけで動く記者、生きることに挫折した売れない小説家など、様々な人に計り知れない影響を与え、彼らの価値観をも変え始める。一方、響の執筆した処女作は、日本を代表する文学賞、直木賞・芥川賞のダブルノミネートという歴史的快挙にまで発展していく。

作品情報

『響 -HIBIKI-』
公開日:2018年9月14日(金)
出演:平手友梨奈、北川景子、アヤカ・ウィルソン、高嶋政伸、柳楽優弥、野間口徹、小松和重、黒田大輔、板垣瑞生、小栗旬
原作:柳本光晴「響〜小説家になる方法〜」
監督:月川翔
脚本:西田征史
■前売券
発売日:2018年7月27日(金)
※販売劇場は公式サイトに記載。


[写真付きで読む]映画『響 -HIBIKI-』欅坂46・平手友梨奈、天才女子高生小説家役で映画初出演&主演

外部サイト

  • 『春待つ僕ら』実写映画化 - バスケ×青春×ラブストーリーを主演・土屋太鳳で描く
  • 映画『ニセコイ』中島健人&中条あやみのW主演で実写化
  • 映画『人魚の眠る家』篠原涼子×西島秀俊×堤幸彦、東野圭吾のミステリー小説を実写化